« 2007年6月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年7月

2007年7月28日 (土)

月6,000バーツの我が家

いま住んでいるチェンマイのコンドーは、月6,000バーツ
(日本円で24,000円位)で2部屋あり、
ニマンヘミン周辺ではお値打ち価格のようです。



とはいえ、部屋の中は古くて汚くてボロボロ。
近くには生バンドのパブがあり、夜中の1時半までムカつくほど
ウルサイ、ウルサイ(ーー;)



もう少し素敵な部屋に住めるかなぁと思っていたのですが、
バーツ高と物価上昇の折り、
この部屋を借りるのが精一杯という現実は、厳しいですねぇ・・・



という事で、部屋の様子をちょっとだけご紹介。



玄関のドア(写真右側)を開けるといきなりパソコン&勉強机。
Img_0225

くつろぎ&夕食用に購入した籐の椅子とオーダーしたテーブル
Img_0226
ミニキッチン。炊飯器がのっているカウンターはワロロット市場近くの家具屋で購入。
Img_0227

手前は洗面所&シャワーへの扉。リビングの奥はベッドルーム。
Img_0228
洗面台。鏡に映っているのはシャワー。
Img_0229

ベッドルームにはクローゼットとドレッサーが備え付け。
Img_0230

リビングの窓から見えるパノラマは、ドイステープです。
Img_0090
こんな部屋でチェンマイロングスティを満喫中(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

チェンライ旅行とスパ初体験

日曜日から2泊3日でチェンライに行ってきました。



チェンライは5年ほど前に1度行った事があり、その時は毎日ツァーに出かけて街の中を見て回れなかったので、今回はのんびり街の中を散策する目的で出かけました。



チェンライはチェンマイからエアコン・トイレ付きで席が横3列タイプの豪華な椅子のVIPバスで3時間ほど。ちなみに片道260BTは納得価格です。道中、4つ位山を上り下りするも、意外にも道は良くて結構快適。

Img_0145

チェンライは少数民族やトレッキング、ゴールデン・トライアングル等アクティビティなツァーに事欠かないためか、欧米人の若いカップルが観光に来ていて、チェンマイよりも欧米化されている雰囲気があります。とはいえ、街はチェンマイに比べ物にならないくらいに小さく、車ものんびり走っていて、どこかのどかな感じ。



ここ5年位の間にチェンマイがバンコク化していて随分とにぎやかになったのにも関わらず、チェンライは相変わらずといった雰囲気でとても好印象。実際、にぎやかなチェンマイを離れてチェンライでロングステイしてみようかなとも考えていたので、今回はロングステイの候補地としての下見も兼ねていました。



今回宿泊したホテルは、「スターブライトホテル」。街の中心地にあり、スパも併設されていて全8室しかないというプチホテル。オープンしたばかりという事もあり、部屋の中も広くて綺麗。1泊1200BTは絶対にお勧めです。

Img_0154_3 で、このホテルで念願のスパに初挑戦しちゃいました。



今回挑戦したスパは2時間で2500BTという一番高いメニュー。スパを受ける客がいなさそうなのを見込んで、1000BT値切っちゃいました。



はじめ軽くシャワーを浴びて紙パンツを履き、ビニールを引いた台に寝そべり、まずはハーブスクラブから。色から予想するに、ウコン入りかな。べちょべちょ体に塗られてエステシャンの手でずりずりされたのちに、シャワーへ。



また紙パンツをはいて台の上にのると、どうやら今度はラッピングされるよう。さっきとは違うスゥーとするタイプのハーブのぬりものを体中にされたあと、大きなビニールで体をつつまれ30分後、シャワーへ。



またまた紙パンツをはいて台の上にのると、次なるはオイルマッサージ。背中、足、手、お腹とベタベタオイルでマッサージされるのは、最上級に良い気分。そのまま顔マッサージにうつり、今度は顔用のクリームで顔をくりくり。これまた程よく気持ちよく、最後はパックで15分置かれて、最後にシャワーを浴びて終了。




ほかを知らないので何とも言えませんが、スパって最高。2時間のメニューですが、結局延べ3時間くらい。スパ後の効果もはっきり出ていて、お肌すべすべ、顔はきゅぅっと小顔に、足のむくみもすっかり取れて、価値ある1500BTだと実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

チェンマイで髪を切る

チェンマイに来てもうすぐ1ヶ月が経とうとしています。



新しいアパートに引っ越して、部屋のなかの掃除も落ち着き(想像を絶するほど汚い部屋でした…)、日々の生活のパターンができつつあります。



食事どころ、買い物どころなんかの定番もでき、午前中はだいたい掃除や洗濯にタイ語の復習、メールやインターネットのチェックに費やし、午後は火・木・日は13時から2時間タイ語のプライベートレッスンを受け、月・水・金・土は、近くにあるジムで運動とサウナ、18時頃からインターネット経由で日本のテレビを見ながら食事という日常を送っています。



そんな中、手頃な価格のマッサージ屋さんが無いのがここニマンヘミン近辺の唯一の不満で、以前はセンタン近くのアパートだったので、センタンの中にある1時間130BTのマッサージ屋さんがお気に入りで、結構頻繁に通っていました。



ただここニマンヘミン付近は物価が高いせいか、1時間200BT~300BTという価格が相場らしく、なかなか気軽にマッサージを受けるという訳にはいかなくなりました。



マッサージ屋さん探しのほかにもうひとつ行きつけの美容室というのも、私たち夫婦の今いちばんの課題です。美容室だろうなぁというお店はマッサージ屋さん以上にたくさん見つける事ができるのですが、いざ異国の地で髪を切るというのは勇気のいるもの。



でももうそろそろ限界という事で、住んでいるアパートの並びにある「SPA」の看板を掲げているお店でどうやら「ヘアカット」もやっているようなので、チェンマイではじめての髪切りを体験しちゃいました。



価格は、カット・シャンプー・ブローで250BT。主人の丸刈りも、私のカットも同じ値段。美容師さんは英語ができるので、とりあえず英語で交渉。とはいっても、主人は丸刈りなので、電気バリカンで一瞬のうちに終わってしまいました。出来上がりは可もなく不可もなく。



私の方は、一応ミディアムの長さから今回思い切ってショートに。雑誌でサンプルを示してハサミでちょきちょき、15分位かな。出来上がりは、何というか、素人っぽいっていうか…もうちょっと裾の方とかシャギーにしてもらいたいなとか希望があったのにも関わらず、次のファランのお客さんが来て、ちゃっちゃっと終わらせたいという雰囲気があったので、まぁ1000円なら仕方ないかとあきらめて、「オッケー、サンキュー」と言って帰ってきました。



また同じお店で髪を切る気になれませんが、一度美容室に入っちゃえば勇気100倍。また新しいお店を、今度は上手そうなところを吟味して開拓したいなぁと、意欲満々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年10月 »