無料ブログはココログ

« タイの禁酒日にご注意!! | トップページ | 18ホール・コースデビューの結果は!? »

2008年2月25日 (月)

タイの銀行で口座開設

ビザの取得や生活費の送金用に、
バンコク銀行に口座を開設したいという方、
多いと思われます。

先日私たち夫婦が案内した、ロングスティ下見旅行に
来られたNご夫婦も、4泊6日という短いチェンマイ滞在でしたが、
バンコク銀行の口座開設に意欲満々。

というのも、口座の開設を断れたというまことしやかな噂が、
日本のロングスティの会などで流れているようです

私たち夫婦も昨年の4月からチェンマイに来ていますが、

ビザを持っていないと駄目とか、
でもビザを取るのにタイの銀行に預金が必要なんだけど
どうすりゃいいんだとか、
タイ人の保証人がいないと駄目とか、
きちんとした格好でいかなきゃ駄目とか、
支店によって対応が違うとか…

口座開設に関するいろんな情報が飛び交っていました。

実際私たち夫婦が口座を開設したのは、2005年1月10日のこと。
1週間の予定で旅行していた時で、パスポートひとつで口座が
開設できました。銀行はバンコク銀行のターペー支店。
バンコク銀行はタイで一番メジャーで東京にも支店があり、
海外送金にも便利だと考えました。

その時預金した額は、口座開設費込み
(ATMカード作成費:300バーツ)で
1000バーツ(実質700バーツ)。

キャッシュカードが出来るのに
1週間ほどかかるという事だったので、旅行中の旨を伝え、
次回チェンマイに来た時に受け取る事にし、
実際受け取ったのは4ヵ月後の5月でした。

先々週、Nご夫妻の口座開設にチャレンジしたのは、
バンコク銀行のガードスワンケーオ支店。
行員に口座開設を依頼したところ、笑顔でNご夫妻の
パスポートを受け取り、ぱらぱらとページをチェック。

どうやらビザの有無を確認しているらしく、ない事がわかると、
「在留証明書」が必要だという返答。
ガードスワンケーオ支店では、
日本語を勉強している女性行員が居て、
我々夫婦が保証人になるといろいろ粘ってみたものの、
とにかく「在留証明書」が無いと駄目だという返答。

それならばという事で、別の支店(チャーンプアック支店)にも
行ってみましたが、まったく同じ対応。
結局その時は諦める事にしましたが、
そのあと、観光ビザで来られている同じコンドーに住むご夫婦が
「在留証明書」を持って行ったら、
口座開設が簡単にできたと教えてくれました。

「在留証明書」は、午前中のうちに日本領事館に申請すれば、
翌日の14時に受け取る事が出来、
そのままバンコク銀行の支店に行き、
キャッシュカードもその場発行で受け取る事ができたそうです。

いろんな情報が飛び交っていたバンコク銀行の口座開設でしたが、
今の所は、「在留証明書」があれば出来るという所に、
落ち着いた様です…


↓↓在留届けに関する事は
==========================


★★海外ロングスティ情報満載★★
↓↓ロングスティのブログといえば↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ


★★タイを知るならまずここから★★
↓↓現在96ブログが登録中↓↓
タイ・ブログランキング

« タイの禁酒日にご注意!! | トップページ | 18ホール・コースデビューの結果は!? »

タイ生活~あれこれ」カテゴリの記事

コメント

sapporo様

コメントありがとうございます!!

携帯電話の件といい、
銀行口座の件といい、
タイロングスティでふと思う謎がsapporo様のお陰で
解明されていくようで、ありがたい限りです。

どうぞこれからも、よろしくお願いいたします。

ちなみに、中高年欧米女性の団体ゴルフツァーというのは、
ある意味圧巻ですね。こちらチェンマイは、韓国人の団体ゴルフツァーもさることながら、個人で20日間毎日1.5ラウンドのゴルフ付という旅行パックで来られている韓国人男性もいました。


>実際私たち夫婦が口座を開設したのは、2005年1月10日のこと。パスポートひとつで口座が開設できました。

タイの銀行口座の開設について、大きな変更があったのは、2006年4月のことです。

タイバーツが高騰し、タイの輸出産業が苦しくなったので、タイ当局はバーツ相場を抑制するために、海外からの資金流入を阻止することになり、外国人の銀行口座開設も、厳しくしたのです。

2006年3月以前は、外国人旅行者でも、パスポートのみで、簡単に口座開設が可能でした。
(ただし、銀行の支店によっては、外国人の口座開設を断るところも少しはありましたが)

2006年4月以降は、タイ国内で労働している方または居住している方以外の口座開設は原則禁止になりました。

しかし、カシコン銀行などは、2006年以降も、従来同様、パスポートのみで口座開設が可能で、銀行間、支店間でも、統一が取れていないのが現状です。
(このあたりが、日本の銀行とは大違いです)

バーツ相場は2004年頃、1万円あたり3,700Bでしたが、その後上昇し、2007年7月には、1万円あたり2,650Bまで上昇しました。しかし、サブプライムローンなど世界経済の混乱から、現在は3,140Bまで下落してきました。
このまま、バーツが下落すれば、海外からの資金を求めて、再度、パスポートのみで開設できる日が来るでしょう。

●スイスにお住まいの方がタイへ転居されるのが不思議そうですが、パタヤあたりには、欧州からのロングステイヤーが数万人滞在しています。冬だけ5か月程度(11月~3月)滞在の方も非常に多いです。
タイは欧州では避寒地として有名です。
スイス人も多いです。ゴルフをプレーされる方も多く、1,2月頃はゴルフツアーの団体客(中高年の女性が多いのが特徴です)も多く見かけます。

綿志茂様

はじめまして。猫旅管理人のnyanyaです。

稲木さんって誰??
つい私も検索しちゃいました…
世界中を旅された方なんですね。

私も綿志茂さん同様、スイスを離れてタイに
移住を考えているというのは、不思議な感じです。

でも、私達が住むコンドミニアムにもフランス人をはじめ
欧米人が多く住んでいるので、物価とか、気候とか、
チェンマイにも魅力があるってことで、
このブログ、見てくれているといいのですが…

稲木さん

スイスにお住まいなんてうらやましい限りです。それに聞くところによると年金生活者の天国と言うことだそうですね。わたしの知人なんかも定年後もしスイスみたいな所で生活できるのなら、こんないいことは無いなんて言っていますし、なにしろ世界に冠たる社会保障制度が完備して、年金がばっちり出ると言う話しをきいていましたので、永年そちらで仕事をなされ、永住権も持たれている稲木さんならもちろん年金も問題ないでしょうし、人がうらやむスイスを離れて、なんて少し理解に苦しむのですが。
ところで、タイとあまり関係ないことを稲木さんに質問してしまいました。ご迷惑でしたら削除してください。
ただわたしはタイにも関心が沢山あるのですが、話題の行きがかり上、スイスの様子が少し具体的に知りたかったもので、ご容赦ください。ただし、稲木さんがまたこちらを見てくれるといいのですが。

コメントありがとうございます。

スイスに行ったのはもう20年も前のことになります。
ツェルマットに宿泊し、登山鉄道に乗りました。
美しい山に湖、そして可愛らしい町並み、
スイスにお住まいなんて、羨ましい限りです。

>Q/1.新しい家を借りるまたは買う場合&4部屋ガレージつき。
>又はマンションでは3DKあたりでいくらか日本円で
>いくらぐらいかお知らせ願えれば幸いです。

正直???です。
地元の情報誌などを見ていても、不動産に関しては
これといった価格帯があるようには思えないです。

参考になるかどうかわかりませんが、
私がよく見てる不動産屋さんのサイトです。写真が多いですよ。

http://www.itagaki.net/smily/
http://professionals.co.th/Chiangmai/ENG/

>Q/2.日本食料品店の有無。

日本の食材が豊富な「リンピン・スーパー」というのが、
チェンマイには3支店あります。
野菜に関しては、多少の違いはあるものの、
日本の野菜に似たタイ産のものが色々揃っているので
安く購入できます。

日本の食材は輸入になってしまうので、その分割高です。
先日日本料理店に行ったとき、
「野菜の天ぷら定食」と「納豆(輸入品)定食」の価格が
一緒だったのには驚きました。

>Q/3, 月つき10万円で生活出来ると前にチェンマイにあった
>ある日本人が言っておりましたが、
>実際にスイスでは考えられないのでお知らせください。

10万円生活は、充分に可能だと思います。
例えばこんな内訳でしょうか…

アパート代 2万円
(ただしこれは私達夫婦が住んでいる1LDKです)
光熱水費・管理費・通信費 1万円
食費 3万円
日用・雑貨・衣類等 1万円
交際費 1万円
交通費 0.5万円
予備費 1.5万円

屋台や市場を利用するなど、
タイ人に近い生活を送ることにより、
生活費はかなり抑えられると思います。

ちなみに今朝7時の室内気温は27度です。
空気の悪いチェンマイですが、
血圧も下がり、頚椎症も痛まないと、主人は言っています。
やはり冬の日本よりは、楽園のようです。

拝啓、
スイス在住長くタイへ移住も考えております。

すでに7度もタイへ行っております、昨年クリスマス前、1がつ半ばまで滞在。毎年、そして今年も家探し、けっよく良い所見つからず帰国帰りしな<コン。キャン>という所でいい物件見ましたが夜遅かったので見ることできず帰国。1000万円ほどの物件でしたが、それなりに良い家のようでした。犯罪はどうでしょうか・チェンマイには日本人も多いと聞いております生活状態は?

当方スイス在住、永住権持っております、寒い国での定年を目の前に向かえ暑い国へ定年後の移住も考えて再度タイへ夫婦そろっていきますが、北から南各地回って家探しと旅行に翻弄。もしチェンマイに長くお住まいならば情報教えください。
Q/1.新しい家を借りるまたは買う場合&4部屋ガレージつき。又はマンションでは3DKあたりでいくらか日本円でいくらぐらいかお知らせ願えれば幸いです。
Q/2.日本食料品店の有無。
Q/3, 月つき10万円で生活出来ると前にチェンマイにあったある日本人が言っておりましたが、実際にスイスでは考えられないのでお知らせください。

スイスは未だに冬3度で神経痛にこたえます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイの銀行で口座開設:

« タイの禁酒日にご注意!! | トップページ | 18ホール・コースデビューの結果は!? »