« 泡盛タイ伝来説 | トップページ | 日本のチェンマイ探し »

2008年4月21日 (月)

意外な盲点

先日置き引きにあって以来、うかない日々が続いています。


盗難当日、すぐにクレジットカード・キャッシュカードの会社に
連絡したので、カード類の被害はありませんでした。
それでも、再発行手数料をとる会社(とらない会社もありました)
があり、こんな時にとも思いつつ、シビアさを痛感。


クレジットカード機能のついていないマイレージカードが
1枚入っていたので、翌日になって連絡することに。
その時になって、はたと気付いたのですが…


普段利用しないのですっかり忘れていた、「電子マネー」。
これも被害にあっていたことを。


日本の航空会社のマイレージカードを2枚持っているのですが、
「電子マネー」の機能が2枚ともついていました。
東京で仕事をしている時には、利用店舗がたくさんあったので、
よくチャージをして、利用していました。
南茨城に住むようになってからは、利用できる店舗が無いので、
すっかり使わなくなっていたのですが…


成田空港で、免税店で化粧品でも買えばいいやと、
有効期限間近のマイレージを「電子マネー」に
交換していたんですよ。あちゃ~wobbly


そのうち1枚のマイレージカードは、「電子マネー」に
交換する手前の手続きしかやっていなかったので、
補償対象となっていました。ちなみに12,000円分。


もう1枚のマイレージカードについては、
3,600円ほどの残金が残っていたのですが、
カード会社に盗難の連絡はしてあるものの、補償対象外。
今更ながら、使いきっておけばよかった~


「電子マネー」の盗難であれば、カード会社に連絡すれば
盗んだ本人も使えないというのだけが、気分的に救いでしょうか。


なんだか、自動車教習所で、違うことを教習した気がします。
それにしても、高い授業料でした。


====================================================
 下記をクリックして頂けると、励みになります!!(*^。^*)
====================================================

★★タイブログランキング★★
タイ・ブログランキング



★★にほんブログ村★★
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

====================================================

|

« 泡盛タイ伝来説 | トップページ | 日本のチェンマイ探し »

いがっぺ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 泡盛タイ伝来説 | トップページ | 日本のチェンマイ探し »