無料ブログはココログ

« ご飯のお供だったのね | トップページ | チェンマイお土産コレクション »

2008年8月28日 (木)

意外と快適なバイク社会

まさか自分達が、チェンマイでバイク生活をするとは
思っていませんでした。だって、見ている限り
交通マナーなんて、無いに等しい無法地帯…


とはいえ、車の数をはるかに超えるバイクの数。
バイク生活に入ってみると、タイはバイク社会で、
バイクが便利だからこそ、これだけ皆バイクに
乗るんだといういう事に、気付かされます。


まずは、自転車感覚でできる駐輪。
駐車場の無いレストランや食堂の食事をテイクアウトする時も、
躊躇無くお店の前にバイクを停める事ができるし、
ショッピングセンターに買物に行くときは、
日本では考えられない数のバイクを停めることができる駐輪場が
必ず用意されていて、しかもわかりやすい。


思いの外、バイクの便利さを実感。


暑い中、ヘルメットを被るのは考えられないと思っていたものの、
走行中は涼しいし、信号待ちの時は日除けの帽子変わりにもなり、
これまた涼しい。多くのタイ人はノーヘルですが、ヘルメットを
邪魔と感じたことは、一度もありません。
もちろん、事故の時を考えても、ヘルメット装着は必須ですね。


雨季の時期はもちろん雨が心配ですが、
タイ人がやっているような、傘をさしての運転なんてやらずに、
無理せず雨宿りをしていれば、1時間もすれば止んでくれます。


運転に関しても主人曰く、
バイクで走行するときも、信号待ちするときも、
とにかく他の大多数のバイクの行動に習うのが、
安全走行のコツだそうです。
とくに信号待ちをするときは、
車の前に一団となっているバイク軍団の中に入ること。


事故防止の為なんでしょうが、メインの交差点では
一方向ずつしか青信号にならないので、とにかく信号待ちが
長いんです。ただ、バイクの一団の中にいると、
妙な一体感があるんですよね。


すると、二人乗り、三人乗りしているタイ人の若者たちが、
何かと親切に声をかけてくれます。
よく忘れるのが、サイドスタンドのしまい忘れ。
指をさして、危ないよと注意してくれます。


今日は、リンカム交差点で信号待ちしている時に、
二人乗りのタイ人男性の若者が後輪を指差して、
しきりに声をかけてきます。
何か荷物の不具合かなと思いつつわからないでいると、


横に止まっていた若いタイ人女性が、
「Can you speak English?」と話しかけてきて、
パンクをしているのでこれ以上走ることはできないよと
教えてくれ、しかも角を曲がったところにパンク修理屋が
あるよと…


日本だと、年配の方が声をかけてくれるような事を、
ここチェンマイでは、若者が声をかけてくれるような気がします。
無事にバンク修理を終えて走行しはじめたところ、
今度は3人乗りの若い女性たちに
指を指されて何か言われました。


ありゃりゃ、またパンクっと思いきや、
いつものサイドスタンドのしまい忘れでした。


ちなみにバンクの修理代は、チューブを新品のものに
交換して120バーツ。商売とはいえ、手馴れた手つきで
所要時間は20分。
この道何十年という風貌には似つかわしくなく、
「ワンハンドレッドトゥエンティー」と価格を言われたのには…


====================================================
 下記をクリックして頂けると、励みになります!!(*^。^*)
====================================================

★★タイブログランキング★★
タイ・ブログランキング



★★にほんブログ村★★
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

====================================================

« ご飯のお供だったのね | トップページ | チェンマイお土産コレクション »

タイ生活~あれこれ」カテゴリの記事

コメント

Yuki様

ロンドンにお住まいなんて、羨ましいです。
こちらこそ、よろしくお願いします。

今週からこのプログを拝見させていただいていますが、大変面白くかつ参考になります。私も11月からチェンマイでロングステイすべく今いろいろ準備中です。調査その他をかねてすでに4回そちらに行き”雑記帳’の板さんともお会いしていろいろ情報を教えてもらいました。バイクも買うつもりですが、言葉も駄目で分からないことばかりだと思いますが、いろいろ教えていただけたら嬉しいのですが。
では、ご挨拶方々、御願いまで
Yuki
追伸 現在はロンドンに住んでいますが、そちらに移るつもりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ご飯のお供だったのね | トップページ | チェンマイお土産コレクション »