« チェンマイに見るロングステイのスタイルいろいろ | トップページ | チェンマイロングスティに必要なビザのこと(その2) »

2008年10月13日 (月)

チェンマイロングスティに必要なビザのこと(その1)

今晩は。猫旅管理人のnyanyaです。
今朝は、朝6時に打ち上げられる運動会開催を知らせる
連絡花火で目が覚めました。
運動会に限らず、日本は今、行楽シーズン。
とてもさわやかな、秋晴れの1日でした。

10月・11月の連休を利用して、
円高の後押しもあり「ラッキー」とばかりに、
海外旅行に出かける方もいらっしゃるかと思います。
とはいえ、通常1週間とか、10日間の海外旅行で、
ビザのことは気にしたことはないと思います。

タイでも、1か月以内の滞在では、
パスポートがあればビザは必要ありません。
もし1ヶ月以上タイに滞在するつもりであれば、ビザが必要
なってきます。

仕事を退職、もしくは早期退職して、
タイに1ヶ月以上滞在したいというのであれば、
観光ビザまたはO(O・A)ビザを取得することになります。
今回はこのビザの取得について、
知人からの最近の情報と私共自身の体験談を
記述したいと思います。


なおタイでは、手続きや書類などが頻繁に変わりますので、
必ずご自身で確かめてから行動してください。

<観光ビザについて>

※観光ビザ取得に関する情報は、日本を基点に3ヶ国以上を行き来する「渡り鳥ステイ」を実践している知人が2008年6月に体験したことです。

①観光ビザの種類
日本で取得できる観光ビザの種類。
シングルおよびダブル。 (トリプルは不可。)

②シングルの観光ビザ
当ビザの有効期限(発給後90日)以内に入国すれば、60日の滞在許可が得られる。
さらに、現地で延長申請をすればプラス30日の滞在許可が
追加される。
よって、最大90日間、滞在が可能。

③ダブルの観光ビザ
最初に入国した時に60日の滞在許可が得られる。
さらに、現地で延長申請をすればプラス30日の滞在許可が
追加される。
次に一旦、出国して、当ビザの有効期限(180日)以内に
再入国すれば、再入国日から起算して60日の
滞在許可が得られる。
さらに、現地で延長申請をすればプラス30日の滞在許可が
追加される。
よって、最大180日間の滞在が可能。
さらに、一旦出国して、ビザが切れた後に、再度ダブルの
観光ビザを取得すると、ほぼ1年中滞在可能となる。

④観光ビザの取得に必要なもの
・申請費用: シングル=3000円、ダブル=6000円
・申請書
・パス・ポート: 有効期限がシングルは半年以上、ダブルは1年以上
・航空券、または予約確認書
・写真2枚
・日本の銀行の預金残高証明書(50万円以上)または年金受給証明書

⑤観光ビザの申請場所など
・タイ大使館、横浜領事館でも可能。
・14:30までに申請すれば、翌日10:00に発給。
・ただし、金曜日申請分のみ、火曜日発給。
・タイのイミグレのデータ・ベース上で、ブラック・リストに載っている人、および、
過去にオーバー・ステイをやったことがある人には発給されない。
(オーバー・ステイには厳しいペナルティーが科せられます)

観光ビザで長期に滞在する日本人は、年金受給前の30代から50代の若い年代層で、多く見受けられます。理由としては、ロングスティビザを取得するための年齢に達していなかったり、ロングスティビザに必要な預貯金額をリスクとして考え、観光ビザで長期に滞在することを選択する方、1回の滞在が3ヶ月未満、また1年を通しての滞在が6ヶ月未満である「渡り鳥ステイ」である等々です。

次回は、O(OA)ビザ…ロングステイビザについてです。


====================================================
 下記をクリックして頂けると、励みになります!!(*^。^*)
====================================================

★★タイブログランキング★★
タイ・ブログランキング



★★にほんブログ村★★
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

====================================================

|

« チェンマイに見るロングステイのスタイルいろいろ | トップページ | チェンマイロングスティに必要なビザのこと(その2) »

チェンマイロングステイ虎の巻」カテゴリの記事

コメント

江戸様

猫旅管理人のnyanyaです。
親切なご回答、ありがとうございます!!

究極のステータスって感じですね。
それでも500万円前後というところがタイ価格って気も。
10年くらいタイでの生活を楽しもうと思ったら、
手が届きそうな金額かもと思わせますが、
有効期限とかあるんでしょうかね。

されど150万BTには、
タイだけに手は出せないなぁ~ヾ(´ε`*)ゝ

投稿: nyanya | 2008年10月20日 (月) 08時58分

タイランド・エリートカードのホールダーではありませんが・・・・・・
現在の会員数は2500名  日本人の会員は330名 国別では韓国に次いで第二位だそうです。

チェンマイ出身のタクシン元首相の肝いりで作られた制度なので、タクシン失脚で制度の存続が危惧されたが、現在も存続中です。

従来の入会金は100万Bだったが、会員の特典である、ゴルフやスパの無料使用が多過ぎて、会計が赤字になったので、昨年、150万Bに値上げされました。
その結果、会員の増加は激減しました。

会員の特典の一つに、バンコク国際空港の入・出国の優遇(ファーストトラック)や、バンコク市内のホテルへのリムジン無料サービスがあるので、バンコク滞在者(旅行者)の会員が大半です。
チェンマイ在住者(旅行者)に、会員が少ないのは、こうした理由です。

エリートカード会員は、タイ滞在中に、1日あたり2万Bを消費しますが、これは一般の旅行者(1日あたり 4000B)の5倍に相当するそうで、やはり、エリートカード会員は、かなり資金的に裕福なようです。

なお、エリートカードに附帯する観光ビザですが、90日毎の更新が必要です。都度、1900Bかかります。

このカードの問題は、事業の存続の他に、会員権の譲渡です。
中古市場が無いので、換金するのは至難の業です。(現実には不可能)

やはり、500万円前後のお金なんて、大したことがないと考えられるリッチマン向きでしょう。

エリートカードの詳細は下記サイトにて。
http://www.kmt.co.th/jp/elite/elite.html

投稿: 江戸 | 2008年10月19日 (日) 12時53分

江戸様

猫旅管理人のnyanyaです。
親切なコメントありがとうございます!!

ブログの補足にさせていただきます。
でもなんでこんなに詳しいのでしょうか??

タイランドエリートカードは、HPを読むとたいへんいいことばかり書かれており、まわりで興味を持っている方も多いのですが、実際に買った人を知りません。

もしお持ちであれば、ほんとのところを教えて頂ければありがたいです。

投稿: nyanya | 2008年10月19日 (日) 09時04分

●タイはノービザでも30日滞在許可が出て、30日毎に近隣国に出国・再入国すれば、長期滞在が可能です。

しかし、2年前に、180日ー90日規制ができて、ノービザでのタイ滞在は、半年で3か月に制限されるようになりました。

ところが、本年2月、イミグレーションでの日数管理が時間がかかり、入国の時間が異常にかかるようになったため、事実上、90日規制は撤廃されました。

よって、現在は、ノービザでも、30日毎に近隣国に出国・再入国すれば、無限に滞在可能です。

●30日毎に、近隣国へ出国するのは面倒なので、長期滞在する場合は、観光ビザを取得するのがベターでしょう。

観光ビザは日本のタイ大使館・領事館で取得するのがベターですが、必要書類が多かったり、ビザが交付されなかったりすることもあるので、その場合は、ノービザでタイ入国し、30日経過直前に、近隣国のタイ大使館で取得するのがベターです。

ラオスのビエンチャンでは、観光ビザ(ダブル)が取得できるので、人気です。パスポートと写真、代金のみで取得できます。
ただし、チェンマイからビエンチャンへは交通利便性が悪いのが欠点です。バンコクからは、ビエンチャン観光ビザツアーが廉価で一杯あるので、便利です。

●究極のビザは、タイランドエリートカードです。
お金が豊富にある方にはお勧めです。
150万バーツ 450万円です。
ご興味がある方は、WEBサイトがあるので、ご覧下さい。

投稿: 江戸 | 2008年10月18日 (土) 13時25分

peaceman様

コメントありがとうございます。

チェンマイと日本を行き来すると、
日本の良さが再発見でき、ますます日本が
好きになるし、タイの文化の違いにもイライラせず、
余裕をもって対応できるようになります。

明日は関東全域で晴れ模様。
私どもも、日光いろは坂までドライブをする予定です♪

投稿: nyanya | 2008年10月15日 (水) 19時24分

タイ・ロングステイに興味を持っています。将来タイ・チェンマイに住みたいと思いますので、ブログ参考にさせていただきます。
私も1年半前からブログを始め先月1ヶ月アクセスが2万を越えました。海外生活をしている方日本のいいところを再認識されていると思います。ぜひ行ってみたいところがあればお知らせください。
6年ほど前にチェンマイは、訪れています。いいところですね。うらやましい。私のブログ「PORTAGIOIEポルタジョイエ」宝石箱の意味。http://peaceman.jugem.jp/です。
チェンマイ在住の方もぜひご覧ください。

投稿: peaceman | 2008年10月15日 (水) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チェンマイに見るロングステイのスタイルいろいろ | トップページ | チェンマイロングスティに必要なビザのこと(その2) »