« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

鼻かぜ

今晩は。猫旅管理人のnyanyaです。

臨時便で帰国された方のインタビューを見ました。
皆さん、口を揃えてタイは懲り懲りとの事。。。
なんだか、心が痛みます。
一体この国は、どこに向かって行こうとしているのやら…

観光シーズンだというのに、すっかり冷え切ってしまった感の
あるチェンマイ市内。しかも、本当に寒くって、
とうとう鼻かぜをひいてしまいました。

近くの薬局で、早速薬を買ってきました。

2008113001

「Actifed」を12錠。35バーツでした。
一応念のためインターネットで調べてみたところ、
鼻炎の薬で、フランスでよく飲まれているようです。

1回1錠。朝・昼・晩と1日3回。
薬を飲んでから30分位たった頃から、鼻水が止まり、
鼻炎による頭痛も軽くなりました。ただ日本の市販薬よりは
効き目が強いので、か・な・り、眠くなります。


その時間帯を見計らって、
ワットスワンドークのマッサージ屋さんへ行き、風邪で
コリコリの肩と首筋を念入りにほぐしてもらったところ、
随分と楽になりました。

明日はいよいよ、マッサージスクール1日目です。
風邪がひどくならないよう、ゆっくり休んで、明日にそなえます。


====================================================
下記をクリックして頂けると、励みになります!!(*^。^*)
====================================================

★★タイブログランキング★★
タイ・ブログランキング



★★にほんブログ村★★

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

====================================================

| | コメント (3)

2008年11月29日 (土)

空港閉鎖の影響

こんにちは。猫旅管理人のnyanyaです。
バンコクの2つの空港が、まだ閉鎖されたままです。

チェンマイでロングスティをしている私達。
市街地にいる分には、とくに不便は感じず、
いつも通りの生活を過ごしています。

それでも、チェンマイでもデモ隊が出て衝突もあった
ようなので、危険を感じるような集団に近寄らないとか、
対立する両派のシンボルカラーである赤色と黄色の
服は着ないようにするとか、政治がらみのキーワードは
発言しないとか、そりなりの緊張感を
常に持って行動するようには心がけています。

今回の空港閉鎖で起きていると思われる一番の困り事は、
インターネットの速度が極端に遅くなったこと。
それでも、私達が契約しているインターネットTVは
快調に見ることができています。
サーバーの場所とか、回線の種類とかに
よってなのか、日本のサイトでも、
快調に見ることができるサイトと、
そうでないサイトがあります。

そのため、臨時帰国便運航の情報も出ているようなのですが、
我が家からはその手のニュースやサイトには、
まったく繋がらない状態です。

チェンマイ⇔日本を行き来する場合、
通常バンコク経由の便となるため、
チケットを既に持っている方は、
ほとんどの方が立ち往生状態のようです。

昨晩ロングスティ仲間から聞いた話では、
チェンマイから出ている国際線で一旦違う国に
行って日本に帰るという方法もあるそうです。

チェンマイから出ている国際線をフリーペーパーで
調べたところ、台北、ソウル、クアラルンプール、
シンガポール、中国(昆明)、ラオス、といったところ。
ただ実際こういった状況なので、チケットを
入手するのは困難な状況のような気もしますが。

そんななか、昨日はチェンマイの市街地から車で
30分ほどのところにある「グリンバレー」というゴルフ場で
行われている、「Thailand Senior Open 2008」を
見に行ってきました。

2008112902

2008112901

2008112903

2008112904_2

チケットも無く、無料で観戦できるのですが、
敷地内にはタクシン元首相の別荘もあるためか、
入り口には20人もの警察官がいて、
入場のチェックを行っていました。

1時間ほどの観戦でしたが、プロのプレーは参考になります。
「グリーンバレー」では一度だけプレーをしたことがありますが、
短いパターを外しているのを見たりすると、
なんだかホッとしたりして…

来週は「タイマッサージ」を習いに、3日間のスクール通い。
空港閉鎖やデモ隊、軍の動向と気になるところですが、
チェンマイは今のところ、平穏です。


▽在チェンマイ日本国総領事館
http://www.chiangmai.th.emb-japan.go.jp/

====================================================
下記をクリックして頂けると、励みになります!!(*^。^*)
====================================================

★★タイブログランキング★★
タイ・ブログランキング



★★にほんブログ村★★

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

====================================================

| | コメント (2)

2008年11月27日 (木)

どうなることやら…

バンコクの2つの空港にとうとう非常事態宣言が
発令されてしまいました。


一応私たちは、いつもと変わりない生活を送っていますが、
空港閉鎖がここまで長く続くとは…
観光で来ている方、またこれから来られる方、
ビジネスの方等々、大・大・大打撃。


12月にはチェンマイでアセアン・サミットも
開催される予定だったというのに、
このままでは中止でしょうかね。。。


とにかく、これ以上エスカレートせずに、
デモのままで終わってくれればいいのですが。
そして、12月5日の国王の誕生日までには、
事態が収拾することを祈るだけです。


ちなみに今朝のチェンマイ。

2008112701

さわやかな風が吹き、空気も綺麗。
最高に気持ちの良い、一日でした。


====================================================
 下記をクリックして頂けると、励みになります!!(*^。^*)
====================================================

★★タイブログランキング★★
タイ・ブログランキング



★★にほんブログ村★★

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

====================================================

| | コメント (0)

2008年11月26日 (水)

空港占拠、でもチェンマイはいつも通り

こんばんは。猫旅管理人のnyanyaです。


スワンナプーム空港をデモ隊が占拠、閉鎖状態が
未だに続き、非常事態宣言発令か…


まったくもって、観光シーズン真っ只中に
何をやっているのでしょうかね。
聞いた話では、今日帰国予定だった方たちが、
入手できたチケットは3日後のもの。
それまでは、個人手配で来ている場合は、
延泊分のホテル代は自分持ちだったり…だそうです。


何が起きるかわからないタイ。
短期でも長期でも、海外旅行保険だけは必ず入ってから
来ることをおすすめします。


とはいえ、チェンマイは、今のところいつもと変わりありません。
夕食も、いつもと変わりなく、いつもの屋台食堂です。

▽ラートナーママー 25BT
2008112601


▽ハンバーガー 35BT
2008112602


いつも行く屋台食堂が、帰国している間に洋食も
はじめて、バージョンアップ。
前からスパゲティはメニューにあったのですが、
ステーキやらハンバーガーやら。
ジューシーなパテが、とっても美味でしたっhappy02


====================================================
 下記をクリックして頂けると、励みになります!!(*^。^*)
====================================================

★★タイブログランキング★★
タイ・ブログランキング



★★にほんブログ村★★

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

====================================================

| | コメント (0)

2008年11月24日 (月)

秋の夜長に赤ワイン

こんばんは。猫旅管理人のnyanyaです。


チェンマイに来て1週間。いつものことなんですが、
2時間の時差に悩まされます。
夜の9時(日本時間23時)には眠くなり、
朝の5時(日本時間07時)には目が覚めてしまいます。
これが大体、1ヶ月は続きます。


ところで今日は、昨日「リンピンスーパー」で
満を持して購入した赤ワインとチーズをご賞味smile

2008112401

赤ワインはなんと2Lのボトルで、
イタリアワインの2006年ものです。
確か2006年は当たり年だったかと…


もちろん期待しないで飲んでみたところ、
ミディアムボディでとってもフルーティー。
店員さんはドライだと言って薦めてくれたけれど、
割と甘め。でもでも、値段の割に美味しいかも♪


合わせるチーズは、たぶんタイで作っていると思われる
グリュリエールチーズ、250gで140バーツ。
通常は料理(フォンデュとか)で使うチーズだけど、
硬質タイプで塩分少な目のところが、
ワインのフルーティーさに相性抜群で、
へぇ~、いけるじゃん。


タイ料理も好きだけど、秋の夜長に赤ワインっていうのも、
ここチェンマイでは結構あいますねhappy01


====================================================
 下記をクリックして頂けると、励みになります!!(*^。^*)
====================================================

★★タイブログランキング★★
タイ・ブログランキング



★★にほんブログ村★★

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

====================================================

| | コメント (0)

2008年11月23日 (日)

チェンマイで味わうワインとチーズ

今晩は。猫旅管理人のnyanyaです。


今日はチェンマイ空港近くの「リンピンスーパー」まで、
買出しに行ってきました。
今回の滞在は4ヶ月ということもあり、
気が向いた時には自炊でもしようかなぁ~と思い、
調味料や日本米を買いに行くことに。


日本で言えば、紀伊国屋や明治屋っぽい雰囲気を
持つ「リンピンスーパー」ですが、
1,000バーツ以上で家までデリバリーしてくれるので、
使い勝手はハナマル。
バイク生活の私たちにとってみては、荷物を運べない分、
強い味方です。ただ生鮮食品に関しては、
ガートスワンケーオの中のトップススーパーの方が、豊富かな…


あぁそれなのに、調味料の買出しだけの筈が、
欧米人やタイ人のお客さんが、大きなボトルのワインを
2本3本と買物カゴの中に入れているのを見た途端、
なんだか私たちもっ、て気になっちゃいましたcoldsweats01


はじめてチェンマイで買った、赤ワイン。
イタリアワインで、2Lで495バーツ。
ユーロ安の影響は、あるのでしょうか…??

2008112301

そして、ワインと言えば、つまみはチーズ。
輸入物のチーズはどれも高価。そんな中で、
タイ製のチーズが思ったよりも安く(日本と同じ位の価格)
売られていたので、モノは試しと買っちゃいました。

2008112302

あれれ、最初はデリバリーをしてくれる条件である1,000バーツ
以上の買物になるかしらと心配していたのに、
結局軽く、1,000バーツを超える買物に…smile


とりあえず、味については明日のお楽しみ。。。happy01wine


====================================================
 下記をクリックして頂けると、励みになります!!(*^。^*)
====================================================

★★タイブログランキング★★
タイ・ブログランキング



★★にほんブログ村★★

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

====================================================

| | コメント (0)

2008年11月22日 (土)

無線LANと携帯電話について

今晩は。猫旅管理人のnyanyaです。

今年のチェンマイの乾季は、
昨年とはちょっと違うみたい。というのも、
今日は朝から霧のようなもやが立ち込めていました。
ドイステープに灰色の雲がかかり、
雨でも降るのかしら、という空模様。

そのうち昼頃から日がさしだし、湿度は低い割に、
気温は高め。おぉ、やっと乾季らしい気候かな。。。
それでもなんだか霞がかった青空で、雲も多め。
そして夕方も4時を過ぎると、随分と涼しくなります。

一足先にチェンマイ入りしている知人たちは、
ロイクラントンの翌日からの急な冷え込みに皆、
風邪をひいています。
日本よりは暖かいはずなのに、暖房器具が無い分、
今年のチェンマイは寒いと嘆く方が多いようです。

今日は、これからチェンマイにロングステイする予定の方から
いただいた質問にお答え(我が家の場合…coldsweats01 ですが)
したいと思います。少しでも参考になれば幸いです。

----------------------------------------------------
質問1.ご自宅のパソコンは無線LAN接続ですか?
(一般的なマンションやアパートだとどういう
接続方法なのでしょうか?)
----------------------------------------------------

現在、TT&TのMAXNetというADSL回線を直接コンドーの
部屋までひいています。
契約時(昨年6月)は、4Mbps
(あくまでも公称で最初は実際には最高で500Kbps程度か?)の
スピードで、1000B/月でしたが、1年分を前払いすると12%の
割引があるということが分かり、
昨年の11月からその契約に変更しました。


その後、料金体系が次々と改定(キャンペーン等で安くなる)されて、
多分、自動的に公称スピードはあがっていると思いますが、
今の詳しい料金体系は確認していません。
最初の半年間くらいはスピードが遅く、
途中で切れてしまうことも多々あり、不満が募りましたが、
現在のスピードは、回線も安定して、インターネット経由の
テレビも十分に楽しめるので、かなり満足できるレベルです。


来月、一年契約が切れるので、そのとき、
新しいタイプの契約をするつもりです。
多分、かなり安い料金タイプの契約があると思います。
また、ADSLですので、電話回線が自動的に付き、
固定電話の番号がもらえますので、
自宅電話として活用しています。


接続までの経緯ですが、昨年の6月に、
セントラルデパートの地下にある(今もあると思います)TT&Tの
事務所まで出向き、契約をしたい旨を告げると、
その場ですべて手続きが終わり、初期費用を支払うと
設定済みのADSLモデムを渡されました。
その後、2~3日で電話回線の工事
(コンドーの集中電話盤の配線替え)が終わり、
使い始めることができました。


実は、その前にケーブルテレビのTrue社に申し込んだのですが、
接続まで3か月掛かるといわれ、周りの情報でも
それ以上待っている人がいると聞き、こちらは断念しました。
そんな訳で、申し込みからアッという間に開通した感じです。


知人のコンドーでは、親線をコンドー側が引き入れ、
無線LANや、部屋の端子から、コンドー側に月々の使用料を
払って使うタイプのところもあります。


日本でもビジネスホテルなどでこの方法がとられています。
ただし、聞いている範囲では、スピードがとても遅く、
かなりストレスを感じるそうで、テレビ動画の鑑賞は無理なようです。
この方式をとっているコンドーでは、
自分で直接回線を引くことができないところが多いようです。


ですから、インターネットのスピードにこだわる方は、
自分で部屋までひくことができるか否かを最初に
確認したほうがいいでしょう。


前置きが長くなりましたが、我が家では前記のADSL回線から、
プロバイダーで渡されたモデムは使わないで、
モデムルーターと無線ランの親機の機能を
持ったルーター(ADSL+Wireless Router Modemの表記あり)を
コンピュータプラザで購入して端子に接続して
(tactioのロゴがある製品で、2400Bでした)、
そこから、私の分と夫の分のコンピュータを
無線接続して使っています。
ちなみに子機のほうは日本の住居で使っているものを
そのまま持ち込みました。


----------------------------------------------------
質問2.日本とチェンマイの双方で利用できる携帯は
みつかりましたか?

----------------------------------------------------

日本の携帯をそのまま海外でも使えることはご存知だと
思いますが、この場合は通信がすべて日本経由となるため
通話料が割高となります。
しかも、日本からタイまでの料金はすべて自分持ちです。


そのため、内蔵されているSIMカードを現地で買い、
それに差し替えればタイで使えると思うのですが、
日本の携帯はSIMにロックが掛かっていて、
原則これはできません。
(このSIMロックをソフト的にはずしてくれる業者が
タイの携帯電話売り場にはいるのですが、
合法かどうか分かりません。)


また、タイで売っている携帯は原則的にSIMはフリーです。
実際にタイで買って使っている自分の携帯のSIMカードを、
日本の携帯電話のSIMに差し替えると、
日本の携帯の番号で日本経由で通話できます。


そこで、次はタイで買った携帯を日本へ持ち込んだときに、
日本の携帯をタイへ持ち込んだときと同じように使えるか
(タイ経由になるが)ということですが、タイの携帯会社は、
国際ローミングに対応しており、事前に申し込んでおけば、
海外でも使えるとなっています。


そこで、前回の帰国前に1-2CALLの事務所に行き、
国際ローミングの手続きを行い、OKというメールが届きました。


が、しかし、帰ってから電源を入れても繋がりません。
手続きのミスなのか、会社側のオペミスなのか
今のところ原因不明です。
次回の帰国時にはもう一度試してみるつもりですが、
次回の帰国は来年の3月なので当分テストはできません。


という事で、この質問に関しては、実は私たちも未解決ですdespair
もしこのブログをお読みの方で、
分かる方がいればご教授ください(人><。)


====================================================
 下記をクリックして頂けると、励みになります!!(*^。^*)
====================================================

★★タイブログランキング★★
タイ・ブログランキング



★★にほんブログ村★★

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

====================================================

| | コメント (6)

2008年11月20日 (木)

チェンマイの食事情

こんばんは。猫旅管理人のnyanyaです。


チェンマイ入り3日目、今年はいつもよりも涼しく、
そしていつもよりも観光客、特に韓国からの観光客が激減している
チェンマイ。とても静かな乾季って感じです。


今日は、「チェンマイロングステイ虎の巻シリーズ」として、
食事情についてまとめてみました。ちなみに今日のお昼は、
ランナーゴルフ場の前で、シュウマイ1皿に
ワンタン入りラーメン二人分で85BT、
夜は自宅近くの屋台食堂で知人5人と宴会をして、
二人分で100BTでしたsmile

----------------------------------------------------
チェンマイの食事情
----------------------------------------------------

一般のタイ人が住んでいるアパートやコンドミニアムには
キッチンが付いていないか、仮に付いていてもシンク一つの
簡単なものが多く、換気扇や煮炊きの設備が整った
いわゆるフルキッチンが付いたものは皆無といって良いでしょう。
これは、一戸建てにもいえることで、バスタブがない、
簡易キッチンのみというものが多くあります


では、タイ人は、三度の食事はどうしているかというと、
ほとんどを外食で済ますか、あるいは屋台食堂で調理済みの
ものを買ってきて、レンジで温めなおして食べたりしています。
そのため、外で買ってきて、家で食べることを、
外食に対して中食などと呼ぶ人もいます。


したがって、チェンマイのおおよそ人が住んでいる場所ならば、
近辺を少し探せば、安い価格でタイ料理を提供するレストラン、
屋台などが必ずあります。そして、そこでは間違いなく
テイクアウト(持ち帰り)ができます。


タイ料理がまったくだめな人以外は、この屋台食堂を利用すれば、
結構コストパフォーマンスの高い食生活が送れます。


タイ料理といっても、南部料理、北部料理、東北部料理など
バラエティに富んでいますし、そのほか、ベトナム料理、中華料理、
ラオス料理、日本料理、イタリア料理などなど、
多少タイっぽい味付けにアレンジされていますが、
安くておいしい、各国料理の屋台食堂が多数あり、飽きさせません。


タイ料理の大好きな我々にとってはまさに最高の環境で、
毎日安くておいしいタイ料理、多国籍料理(?)を満喫しています。


我々の食生活は以下のようなパターンです。


朝ごはんは、日本にいるときもチェンマイにいるときも、
まったく同じで、厚切りトーストにバターを塗ったものと
牛乳とブラックコーヒーです。
近所においしいパンを焼いている雑貨屋さんがあり、
そこでパンとコーヒーの豆を買います。


ここの食パンはたいへん美味しい上に、
焼きたてが2斤で50Bです。
厚切りにしても二人分で5日はもちます。


コーヒー豆もタイ産のものがこの店で売られており、
300gで100Bです。コーヒーの豆は、毎日、ミキサー兼用の
電動ミルで挽いてペーパードリップで抽出します。
300gで約10日もちます。
牛乳は地元産で、2Lで70~80Bと日本と同じくらいです。
バターは結構高く、日本の1.5倍はします。
そんなこんなで、この朝食は一人当たり
1日25B(75円)程度になります。


お昼ごはんは、通常は近所の屋台食堂Aで食べます。
店のガラスケースに日替わりのおかずが5~6品並んでいて、
その中の1~2品を頼んで、ご飯とともに食べます。
我々の間ではぶっ掛けご飯などと呼んでいます。
これが一人前20Bで、ご飯の上に卵焼きを
のせてもらうと25Bです。


また、その場で作ってくれる料理が20種類くらい
メニューで張り出されていて、これを注文することもできます。
カオパッガイ(鶏チャーハン)や
ガパオガイ(鶏肉ホーリーバジル炒め)、
ラートナー・ムー(豚のあんかけ太麺)などの
ポピュラーなタイ料理が並んでいます。


これらの中から注文しても、一品あたり約25B程度です。
また、サイドメニューとして、生春巻きやワンタン揚げや
ソムタム(パパイヤサラダ)などがあり、
時々はこれらを一緒に食べます。
したがって、ここで食べるお昼ご飯は一食あたり
一人25B~35Bといったところでしょうか。


ゴルフに行った日や、遠出をした日には、
近くのレストランや屋台食堂で食べることになりますが、
その場合でもタイ料理を食べる場合は、
一人当たり50B以下で済みます。
もっともゴルフの後はついついビールなどを飲んでしまいますので、
ビール代が70B程度加算されることが多々ありますが…。


夕ご飯は、通常は近所の屋台食堂Bで食べます。
ここは、前記の屋台食堂Aのすぐ隣にありますが、
Aの営業時間が午前8時から午後3時までなのに対して、
午前11時から午後8時ごろまでです。
また、ここの隣には夜になると肉の串焼きを
だす立ち飲みバーが開店します。


屋台食堂Bでは、お酒の持ち込みも無料でできますので、
呑み助の我々は、地元産の米焼酎(ラオカーオ)を持ち込み、
お店に常備している氷と水をもらって、
晩酌と夕食を楽しみます。ここのいい点は、
その日に入った新鮮な素材を教えてもらって、
自分なりの料理を頼めることです。例えば、
店のショウケースに美味しそうなレバーがあれば、
これと野菜を一緒に炒めて、少し辛くしてなどと自分好みの味を
頼むことができます。大体、一品30B程度です。


普段は、おつまみを1品とご飯ものを2品頼み、
持ち込んだビールや米焼酎と一緒に、
店のテレビを見ながら、ゆっくり夕食を楽しみます。
また、隣の肉の串焼きを頼む日もあります。
食堂のテーブルまで出前してくれます。


ここでの夕食はお酒を別にすると、平均90B~120Bぐらいです。
お酒は米焼酎が660mlで35度のものが1本85B。
大好きなビール(銘柄はレッドホースビアーといいます)は
大瓶1本が30Bです。


普段の夕食の費用は、一人当たり
50~60B(約180円)ぐらいです。
これと別に晩酌代が、1日当たり50B程度です。


したがって、我々の通常の食事代は一日あたり夫婦2人で、
180B、酒代が80B、合計で260B(780円)程度です。


以上がベイシックな我々の食事パターンですが、
週に2~3回はこのパターン以外の食事も楽しみます。


知人、友人との会食や気分転換のために、
ホテルのブッフェ、ムーガタ、少し高級なレストラン等が
これに加わります。この場合は、
一人当たりおおよそ120~300B程度です。
それらも含めて、1か月の食費は、二人分でおおよそ
3万円(晩酌代を含む)ぐらいでしょうか。


それでは、タイ料理が苦手な人はどうしているのかというと、
外国人向けのコンドミニアム(フルキッチンの付いたところ)に住み、
外国製品を多く売っているスーパーで日本食材を買ってきて、
3食とも日本食を作って食べている方が多いようです。
また、友人との会食時には、チェンマイに多くある日本食や
中華料理のレストランに出かけるようです。
したがって、食費は結構高くつきます。


我々からすると、美味しくて安いタイ料理を食べないなんて
もったいないと思うのですが…。


====================================================
 下記をクリックして頂けると、励みになります!!(*^。^*)
====================================================

★★タイブログランキング★★
タイ・ブログランキング



★★にほんブログ村★★

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

====================================================

| | コメント (1)

2008年11月19日 (水)

避寒地チェンマイ、でも寒いかも

こんばんは。猫旅管理人のnyanyaです。
昨日、チェンマイに戻ってきました。


今回の日本滞在は10月5日から11日17日まででした。
帰国当初は半袖t-shirtでも過ごせるほどの暖かさだったのが、
11月にも入るとさすがに、寒い寒いsad
家の中でもフリースを着ていたのが、ここチェンマイでは半袖で充分。
やはり日本の寒い時期に南国チェンマイで過ごすというのは、
究極の贅沢って気がします。


今朝の7時半の室内の気温は、なんと26度でした。

2008111902

今日から寒さが増すと
言われている日本を脱出できたのは、嬉しい限りです。


ところが、今年のチェンマイはちょっと違うかも…
乾季とはいえ、なんだか雲cloudが多いような気が。

2008111901

お昼を過ぎた頃には、雨雲っぽい黒い雲。
それでも気温はそれほど高くなく、空気はちょっと湿っぽい。
すると16時から雨がrain…えっ~??乾季だというのに、
スコールみたいな雨。


1時間ほど降り続いた後に止んだけれども、
雨上がりは、おぉ~寒い~snow


ところで、このごろ飛行機に乗って思うこと。
以前は国際線は雲の上まで上がればほとんど揺れが無かった、
あるいは揺れてもガタガタというような振動揺れだったのが、
グラリ、そしてストンと落ちるような大きなたての揺れに
驚かされます。上空の大気の状態が、変わっているのかしら?
いつもと違う天候とか、飛行機の揺れ方がなんか
今までとは違う気がするな…とか。


インターネットTVも無事に繋がり、日本のテレビも
すこぶる快調に見ることができています。
一足早い寒波が到来している日本というニュースを見ながら、
それよりははるかに暖かいチェンマイに居ながら、
いつものチェンマイよりも寒いと嘆いている私たちですcoldsweats01


====================================================
 下記をクリックして頂けると、励みになります!!(*^。^*)
====================================================

★★タイブログランキング★★
タイ・ブログランキング



★★にほんブログ村★★

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

====================================================

| | コメント (0)

2008年11月 9日 (日)

チェンマイの交通事情その2

こんにちは。猫旅管理人のnyanyaです。

今回は、チェンマイの交通事情その2として、
ソンテウ以外の交通手段についてまとめてみました。


-------------------------------------------------
④トゥクトゥクに乗る
-------------------------------------------------

我々のような外国人がトゥクトゥクに乗る場合、
運転手さんはこちらを観光客とみなします。
そのため、最初から結構高い料金を言ってきます。
確かにソンテウと違って自分たち専用に借り上げる
(とはいても定員は最大3人ぐらい)訳ですから、
多少高いのはやむを得ません。

ソンテウを待っているときにトゥクトゥクの運転手から声が
かかったら、一応値段を聞いてみて、その値段が
法外だったら、それならソンテウでいくからいいや、
という態度を示すと必ず値引きしてきます。
観光客ではないと解るのでしょうか。

我々はその値段がソンテウの1.5倍くらいまでなら、
時々トゥクトゥクを使いました。
小回りが利くので思いのほか便利です。
ただし、交通事故に遭う危険度はソンテウよりは
間違いなく高くなります。

-------------------------------------------------
⑤メータータクシーに乗る
-------------------------------------------------

台数はまだまだ少ないですが、
チェンマイにもメータータクシーが増えてきました。
ただし、メータータクシーとはいっても、我々の経験では
空港からの利用を除いては、一般にメーターは使わずに
料金は交渉制となるようです。

市内には一目でメータータクシーとわかる黄色に
塗られたタクシーの他に、一般の車両を使った白タク
(日本の白タクとは違って、届出をしているようです)も
たくさんいます。

この白タクは、大体、毎日決まった場所にいますので、
いざというときには大変便利で、我々はタクシーというと
もっぱら白タクを使います。
料金は、貸し切って観光などにいく場合は、
200B/時間程度です。

感覚的には、貸切ソンテウの高級版というところでしょうか。

-------------------------------------------------
⑥自分で車を運転する
-------------------------------------------------

これは慣れるまでは大変です。
というのは、日本と同じ左側通行ですが、運転マナー、
暗黙のルール等は大きく違います。

それに加えてチェンマイは市内でも一方通行の道が多く、
東に向かいたいのに、いったん西へ向かってから
Uターンしなければいけないなんてザラにあります。
もちろん、慣れればなんともないのでしょうが…。

実際に自分で車を買って運転している知人もたくさんいます。
タイには、日本をはじめとする多くの外国メーカーの
自動車製造工場はありますが、
タイの国産車と呼べるメーカーはありません。
そのため、車の価格はタイ人の生活水準からみると、
かなり高い感じを受けます。

最近、提供いただいた情報では、
1500CCクラスの日本車が60万バーツぐらいするそうです。
また、中古車も需要が多いためか大変高く、
3年落ち程度では、新車価格の80%くらい、
10年落ちでもきれいに乗っていると50%ぐらいします。

ま、ということは、新車を買って、大きな事故を
起こさなければ、4~5年後に平気で60%ぐらいで
売ることができるということです。

ですから、渡り鳥ステイ、シーズンステイをする人々には、
なかなか車の所有は難しいのですが
(日本とタイにそれぞれ車を持つのは極めて贅沢)、
こちらに永住しているロングステイヤーの知人たちは、
多くの人が車を買って乗りこなしています。

心配なガソリン代も、今回の世界的な石油高騰時には、
国が値上がり分を補填するという日本人から見ると
画期的な政策がとられ、その結果、
一リットルあたり100円以下で給油できました。

-------------------------------------------------
⑦自分でバイクを運転する
-------------------------------------------------

移動はすべてソンテウを使っていた我々ですが、
滞在期間が長くなると結構レアな場所にも行きたくなり、
危険は自己責任ということで3か月ほど前に、
思い切ってバイクを購入しました。

タイで売られているバイクは、ほとんどが日本製で、
我々にもなじみの深いホンダ、スズキ、ヤマハなどです。

その中でもっともポピュラーなのは、
100~125CCのいわゆるスーパーカブ型の
実用タイプで二人乗りができるものです。
グレードにもよりますが、新車で約10~12万円ぐらいします。

我々はシーズンステイヤーですので、
こちらに置きっぱなしにすることも多く、中古車を選びました。
ホンダの100ccの実用車で、スーパーカブと
同じクラッチなしの4段変則です。

中古で5年落ち、走行距離が4万キロという代物ですが、
前所有者も分かっているワンオーナーもので大変きれいです。
この中古が約6万円です。高いなーと思いましたが、
業者が言うには2~3年乗っても、また2~3万円では
売れるとのことでした。
ホントかなーって思いましたが、その時、2~3万円する
中古車を見るとなるほど納得でした。

そんな訳で、今年の7月からの3か月のステイでは、
今までのソンテウ生活からバイク生活に変わりました。

ゴルフに出かけるのも、市場に行くのもすべて
バイクになりました。
3か月の燃費ですが、常時二人乗りで55Km/Lです。
毎日のように市内を走って、1か月のガソリン代は
400Bほどです。

最初は危ないと思っていたバイクですが、
周りのバイクの流れに乗って、
ゆっくり走ればそんなに危険はないと思います。
もちろん、ヘルメットは必須で、1個500Bほどで
規格品を買いました。

おかげで、おいしい食堂や、
上手なマッサージにも気軽に出かけられます。

チェンマイでバイク、結構便利ですgood


タイ散歩 歩いて楽しむ異国の街並み Book タイ散歩 歩いて楽しむ異国の街並み

著者:藤井 伸二
販売元:イカロス出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する


====================================================
 下記をクリックして頂けると、励みになります!!(*^。^*)
====================================================

★★タイブログランキング★★
タイ・ブログランキング



★★にほんブログ村★★

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

====================================================

| | コメント (11)

2008年11月 3日 (月)

チェンマイの交通事情その1

こんにちは。猫旅管理人のnyanyaです。

今回は、チェンマイの交通事情その1として、
ソンテウについてまとめてみました。

市内に電車、バス等の公共交通機関をほとんど持たない
チェンマイでは、日常の移動をどのようにするかが、
長期滞在をするにあたって重要なポイントになります。

唯一、市内に6路線を持つ路線バスがありますが、
時刻表はなく、同じ区間をぐるぐる回っています。
したがって、バス停はありますが、いつ来るのか、
本当に来るのか(笑)、不安を抱えなければなりません。

そうすると、目の前を赤いソンテウ(後述)が、
バンバン通りますので、ついついそちらに乗ってしまうのが
現実です。

以前、どうしても乗りたくて2路線ほど乗ることを目的に
体験してみましたが、その時(6か月ほど前)は、
路線内はどこまで乗っても一人15Bでした。
また、数回乗ったなかでは、バス停に目的のバスが来るまで
の平均待ち時間は15分程度でした。

さて、日常生活の交通手段ですが、
もっとも一般的な乗り物といえば「ソンテウ」あるいは
「シーロー」と呼ばれる小型乗り合いバスです。
(以降ソンテウと呼びます)

小型乗り合いバスというと聞こえは良いですが、
実際にはディーゼルトラックの荷台に屋根をつけ、
長いすを向かい合わせに取り付けた代物です。
しかし、これがいたって便利なんです。

ソンテウは全体が一色で塗られていて、
「赤」、「白」、「黄」、「青」などがあります。
色がそれぞれのソンテウの種類をあらわしています。

-------------------------------------------------
①赤ソンテウに乗る
-------------------------------------------------
まず、市内で一番多く見られる赤ソンテウですが、
これは、うまく行き先を伝えられれば、
市内ならばどこでもドア・ツウ・ドアの移動が可能です。
市内を流しているソンテウもあれば、お寺や市場、センタンの
前で客待ちしているソンテウもあり、
最初に乗せたお客さんの行き先が当面の目的地になります。

その後、途中で乗ってきたお客さんの行き先によって、
走るコースが微妙に変わります。
ソンテウの運転手さんは、お客を次々乗せながらどこを
どう走ると、全員の降り先の一筆書きができるかをすばやく
計算して、効率よく走ります。

一方通行の多い市内で、この作業を一瞬でこなすソンテウの
運転手さんには脱帽します。もちろん失敗もありますが…。

乗る場合は手を伸ばして、下方45度ぐらいに手を出します。
すると、目の前に止まりますので、自分が行きたい場所を
運転手にはっきりと伝え、首を縦に振れば乗車OK、
横に振れば先客の方向と一致しないので無理という返事です。

料金は、市内は原則一人20Bです。

また、行き先が遠かったり、ソンテウにとって不便な場所の
場合は、運転手が20B以上の料金を言ってきます。
ほとんどの場合、値段は英語あるいは指を立てて
伝えてきます。その値段が、妥当だと思ったらOKの
意思表示をして乗り込みます。

高いと思ったらこちらの言値を言います。
ここからは交渉になります。
そして、折り合いが付けばOKと意思表示して
乗り込むだけです。
どうしても高いと思えば、次のソンテウを止めて再交渉です。
赤ソンテウはいっぱいいますので…。

そのときに重要なことはこちらが複数人のときは
必ず全員での料金かどうかを確かめることです。
二人分だと思って乗ったら、
実は一人分だったというトラブルはよくあります。

降りる時は、告げた行き先が建物であるとかピンポイントの
場合はその前で止まってくれますが、通りの名前や地域の
名前を告げた時は、止まる位置を知らせることができます。
目的の場所に近づいたらソンテウの天井についている
ブザーを押すとピンポイントで止まってくれます。

また、行き先が複雑な場合は、最初から助手席に乗って、
直接運転手に道案内をすることもできます。
以前は、市内の移動をすべてソンテウでしていましたので、
ほとんど毎日というほど乗りましたが、最初の交渉値段を
降りるときになって吊り上げてきたとか、
嫌な思いをしたことはほとんどありませんでした。

以前は一人15Bだったので、
つり銭がないなどといわれないように、
いつも二人で丁度30Bになるように小銭を用意し、
トラブルが出ないような努力はしていましたが…。

-------------------------------------------------
②赤ソンテウを貸し切って乗る
-------------------------------------------------
このように行き先を決めずに市内を流している
赤ソンテウですが、運転手さんと交渉すれば、
貸切にすることができます。

1か月ほど前に、日本から来た知人と連れ立って、
バーンタワイ
(市内から30~40分程度の木工品、工芸品の街)まで
出かけたのですが、向こうでの買い物の時間などを考えて
3時間の貸切としました。

このようにすると、買い物の間も駐車場で待っていてくれます。
注意点は料金を渡すのは、必ず最後にすること。
最初に渡したらいなくなってしまった、
という話を聞いたことがありますので。

行き先にもよると思いますが、
このときは150B/時間の貸切料金でした。
また、引越しのときなどは、貸切にして荷台に荷物を一杯
積むことができますので大変便利です。

1年半ほど前の我々の引越しの時は、
一時間貸切で100Bでした。
荷物の上げ下ろしも手伝ってくれましたので、
思わずチップ含めて150B渡しちゃいました。
相場を言うのは難しいのですが、
市内なら100B/時間、
観光でチャーターするなら150B/時間
といったところでしょうか。(すべて我々の経験値)

-------------------------------------------------
③赤以外(白、黄、青、オレンジ色等)のソンテウに乗る
-------------------------------------------------

Img_1219

赤以外のソンテウは、市内と郊外の目的地との間を、
決まったルートで走る小型路線バスのようなものです。
ルートによって色が決まっています。

我々が今まで使っていたのは、北の方向に走る白や黄、
南の方向に走る青などです。そのルート上ですと、
手を上げればどこでも止まってくれますし、降りたい場所に
近づいたら車内の上部にあるブザーを押せば、
原則どこでも止まってくれます。
料金は、白、黄は、以前は一人10B、最近は13Bです。

青はランプーンまでの小旅行に使いましたが、
ランプーン市内まで16Bでした。
このように路線ソンテウは極めて安いので、
ルートが合う場合はぜひ乗ってみてください。
また、いつも結構混んでいて、後ろのステップに
立ち乗りしていることも多くありますが、車内では、
自分の食べているお菓子をやり取りしたり、
片言英語と片言タイ語でいろいろな話をしたりと、
とても楽しい乗り物です。
-------------------------------------------------

このように、チェンマイではソンテウは大変便利な乗り物です。
日本ではこんな乗り物は安全対策上絶対に認可されないと
思いますが、トラックを改造したアイデア一杯の車体や、
乗り合いで料金を安くする手法は、とても効率的で、
タイの地域性、国民性にあったすばらしい乗り物だと思います。

また、ソンテウを上手に使うことで、
市内ならば車などを持たなくても、
快適に長期滞在を楽しむことができます。

ちなみに我々がすべての移動(300M以上の移動)に
ソンテウを使っていた時は、二人で1か月のソンテウ代は
約2500Bぐらいでした。

安いでしょ。good

====================================================
 下記をクリックして頂けると、励みになります!!(*^。^*)
====================================================

★★タイブログランキング★★
タイ・ブログランキング



★★にほんブログ村★★
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

====================================================

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »