無料ブログはココログ

« チェンマイの食事情 | トップページ | チェンマイで味わうワインとチーズ »

2008年11月22日 (土)

無線LANと携帯電話について

今晩は。猫旅管理人のnyanyaです。

今年のチェンマイの乾季は、
昨年とはちょっと違うみたい。というのも、
今日は朝から霧のようなもやが立ち込めていました。
ドイステープに灰色の雲がかかり、
雨でも降るのかしら、という空模様。

そのうち昼頃から日がさしだし、湿度は低い割に、
気温は高め。おぉ、やっと乾季らしい気候かな。。。
それでもなんだか霞がかった青空で、雲も多め。
そして夕方も4時を過ぎると、随分と涼しくなります。

一足先にチェンマイ入りしている知人たちは、
ロイクラントンの翌日からの急な冷え込みに皆、
風邪をひいています。
日本よりは暖かいはずなのに、暖房器具が無い分、
今年のチェンマイは寒いと嘆く方が多いようです。

今日は、これからチェンマイにロングステイする予定の方から
いただいた質問にお答え(我が家の場合… ですが)
したいと思います。少しでも参考になれば幸いです。

----------------------------------------------------
質問1.ご自宅のパソコンは無線LAN接続ですか?
(一般的なマンションやアパートだとどういう
接続方法なのでしょうか?)
----------------------------------------------------

現在、TT&TのMAXNetというADSL回線を直接コンドーの
部屋までひいています。
契約時(昨年6月)は、4Mbps
(あくまでも公称で最初は実際には最高で500Kbps程度か?)の
スピードで、1000B/月でしたが、1年分を前払いすると12%の
割引があるということが分かり、
昨年の11月からその契約に変更しました。


その後、料金体系が次々と改定(キャンペーン等で安くなる)されて、
多分、自動的に公称スピードはあがっていると思いますが、
今の詳しい料金体系は確認していません。
最初の半年間くらいはスピードが遅く、
途中で切れてしまうことも多々あり、不満が募りましたが、
現在のスピードは、回線も安定して、インターネット経由の
テレビも十分に楽しめるので、かなり満足できるレベルです。


来月、一年契約が切れるので、そのとき、
新しいタイプの契約をするつもりです。
多分、かなり安い料金タイプの契約があると思います。
また、ADSLですので、電話回線が自動的に付き、
固定電話の番号がもらえますので、
自宅電話として活用しています。


接続までの経緯ですが、昨年の6月に、
セントラルデパートの地下にある(今もあると思います)TT&Tの
事務所まで出向き、契約をしたい旨を告げると、
その場ですべて手続きが終わり、初期費用を支払うと
設定済みのADSLモデムを渡されました。
その後、2~3日で電話回線の工事
(コンドーの集中電話盤の配線替え)が終わり、
使い始めることができました。


実は、その前にケーブルテレビのTrue社に申し込んだのですが、
接続まで3か月掛かるといわれ、周りの情報でも
それ以上待っている人がいると聞き、こちらは断念しました。
そんな訳で、申し込みからアッという間に開通した感じです。


知人のコンドーでは、親線をコンドー側が引き入れ、
無線LANや、部屋の端子から、コンドー側に月々の使用料を
払って使うタイプのところもあります。


日本でもビジネスホテルなどでこの方法がとられています。
ただし、聞いている範囲では、スピードがとても遅く、
かなりストレスを感じるそうで、テレビ動画の鑑賞は無理なようです。
この方式をとっているコンドーでは、
自分で直接回線を引くことができないところが多いようです。


ですから、インターネットのスピードにこだわる方は、
自分で部屋までひくことができるか否かを最初に
確認したほうがいいでしょう。


前置きが長くなりましたが、我が家では前記のADSL回線から、
プロバイダーで渡されたモデムは使わないで、
モデムルーターと無線ランの親機の機能を
持ったルーター(ADSL+Wireless Router Modemの表記あり)を
コンピュータプラザで購入して端子に接続して
(tactioのロゴがある製品で、2400Bでした)、
そこから、私の分と夫の分のコンピュータを
無線接続して使っています。
ちなみに子機のほうは日本の住居で使っているものを
そのまま持ち込みました。


----------------------------------------------------
質問2.日本とチェンマイの双方で利用できる携帯は
みつかりましたか?

----------------------------------------------------

日本の携帯をそのまま海外でも使えることはご存知だと
思いますが、この場合は通信がすべて日本経由となるため
通話料が割高となります。
しかも、日本からタイまでの料金はすべて自分持ちです。


そのため、内蔵されているSIMカードを現地で買い、
それに差し替えればタイで使えると思うのですが、
日本の携帯はSIMにロックが掛かっていて、
原則これはできません。
(このSIMロックをソフト的にはずしてくれる業者が
タイの携帯電話売り場にはいるのですが、
合法かどうか分かりません。)


また、タイで売っている携帯は原則的にSIMはフリーです。
実際にタイで買って使っている自分の携帯のSIMカードを、
日本の携帯電話のSIMに差し替えると、
日本の携帯の番号で日本経由で通話できます。


そこで、次はタイで買った携帯を日本へ持ち込んだときに、
日本の携帯をタイへ持ち込んだときと同じように使えるか
(タイ経由になるが)ということですが、タイの携帯会社は、
国際ローミングに対応しており、事前に申し込んでおけば、
海外でも使えるとなっています。


そこで、前回の帰国前に1-2CALLの事務所に行き、
国際ローミングの手続きを行い、OKというメールが届きました。


が、しかし、帰ってから電源を入れても繋がりません。
手続きのミスなのか、会社側のオペミスなのか
今のところ原因不明です。
次回の帰国時にはもう一度試してみるつもりですが、
次回の帰国は来年の3月なので当分テストはできません。


という事で、この質問に関しては、実は私たちも未解決です
もしこのブログをお読みの方で、
分かる方がいればご教授ください(人><。)


====================================================
 下記をクリックして頂けると、励みになります!!(*^。^*)
====================================================

★★タイブログランキング★★
タイ・ブログランキング



★★にほんブログ村★★

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

====================================================

« チェンマイの食事情 | トップページ | チェンマイで味わうワインとチーズ »

タイ生活~あれこれ」カテゴリの記事

コメント

年間半年ロングステイヤ様

はじめまして。猫旅管理人のnyanyaです。
コメントありがとうございます!!

タイの携帯を日本で使うメリットといわれた場合、
特にはありません。

日本の携帯をそのまま海外で使えた場合、
日本の知人がタイの電話番号を知らずとも
またはタイに行っていることを知らずとも、
いつもの携帯番号に電話してもらえれば連絡が
とれるというのの、逆バージョンが可能になるというのと、
それ以上にタイで買った携帯を日本で使ってみたいと
いう好奇心です…ヾ(´ε`*)ゝ

>次はタイで買った携帯を日本へ持ち込んだときに...
タイの携帯を日本で使うメリットについて(何の目的でされるのか)教えてください。
SIMの有効期限3ヶ月であれば、プリペイド契約を1年にしておき、在住の友人に#121を時々して貰えば良い話ですし。

村井様

はじめまして。猫旅管理人のnyanyaです。
貴重な情報、ありがとうございました!!

お陰さまでこのブログも、
有益な情報でうめることができました。

チェンマイ暮らしではこれからも多々
わからないことが出てくると思いますので、
今後とも、貴重なアドバイスを
よろしくお願いいたします。m(._.)m

2001.9.11のテロ以降、ITU(国際電気通信条約)加盟国に対して、プリペイド携帯などの非登録電話機から海外ローミングによる通話発信はできないようにするという勧告が出され、各国の携帯はそれに合わせた措置をとっているようです。

従って「プリペイド」のAISでもDTACでも、非登録のまま、ローミング申し込みをしても、受信のみしかできなくなっています。

しかし、最近はビザ無しや観光ビザによる滞在でもポストペイド(後払い)契約ができます。(クレジットカード必要)
ポストペイドにすれば、国際ローミング(発信)も可能です。

ポストペイドの契約は、パスポート、クレジットカードが必要、その他タイでの連絡先住所、電話番号が必要です。 労働許可証は不要。

詳細に書いていただいて大変参考になりました。
ありがとうございました。

たぶんドタバタから始まるとは思いますが、それも覚悟で新しい生活をはじめてみようと思います。

いつかは私も誰かの参考になるような情報を発信できればいいなと思っています。

日本とタイの電話料金については、下記サイトが詳しいです。
国際ローミングの場合、料金が通常より10倍前後高くなるので、ご注意を。発信だけではなく、着信にも馬鹿高い料金が賦課されます。
http://www.e-guide-books.com/bkk/kihon/kokusaidenwa.html


AISの1-2コールの国際ローミングについて書かれています。ご参考に。
日本国内で利用の場合、1分160円だそうです。
http://galson.info/s/12callir.htm

チェンマイ在住で、ITに詳しい方のブログに、携帯情報が出ています。
下記サイトの左側のメニューから「過去記事話題別一覧」の「電話・通信」をクリックすると、多くの情報が得られます。
http://blog.chiangmai-life.net

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チェンマイの食事情 | トップページ | チェンマイで味わうワインとチーズ »