無料ブログはココログ

« どうなることやら… | トップページ | 鼻かぜ »

2008年11月29日 (土)

空港閉鎖の影響

こんにちは。猫旅管理人のnyanyaです。
バンコクの2つの空港が、まだ閉鎖されたままです。

チェンマイでロングスティをしている私達。
市街地にいる分には、とくに不便は感じず、
いつも通りの生活を過ごしています。

それでも、チェンマイでもデモ隊が出て衝突もあった
ようなので、危険を感じるような集団に近寄らないとか、
対立する両派のシンボルカラーである赤色と黄色の
服は着ないようにするとか、政治がらみのキーワードは
発言しないとか、そりなりの緊張感を
常に持って行動するようには心がけています。

今回の空港閉鎖で起きていると思われる一番の困り事は、
インターネットの速度が極端に遅くなったこと。
それでも、私達が契約しているインターネットTVは
快調に見ることができています。
サーバーの場所とか、回線の種類とかに
よってなのか、日本のサイトでも、
快調に見ることができるサイトと、
そうでないサイトがあります。

そのため、臨時帰国便運航の情報も出ているようなのですが、
我が家からはその手のニュースやサイトには、
まったく繋がらない状態です。

チェンマイ⇔日本を行き来する場合、
通常バンコク経由の便となるため、
チケットを既に持っている方は、
ほとんどの方が立ち往生状態のようです。

昨晩ロングスティ仲間から聞いた話では、
チェンマイから出ている国際線で一旦違う国に
行って日本に帰るという方法もあるそうです。

チェンマイから出ている国際線をフリーペーパーで
調べたところ、台北、ソウル、クアラルンプール、
シンガポール、中国(昆明)、ラオス、といったところ。
ただ実際こういった状況なので、チケットを
入手するのは困難な状況のような気もしますが。

そんななか、昨日はチェンマイの市街地から車で
30分ほどのところにある「グリンバレー」というゴルフ場で
行われている、「Thailand Senior Open 2008」を
見に行ってきました。

2008112902

2008112901

2008112903

2008112904_2

チケットも無く、無料で観戦できるのですが、
敷地内にはタクシン元首相の別荘もあるためか、
入り口には20人もの警察官がいて、
入場のチェックを行っていました。

1時間ほどの観戦でしたが、プロのプレーは参考になります。
「グリーンバレー」では一度だけプレーをしたことがありますが、
短いパターを外しているのを見たりすると、
なんだかホッとしたりして…

来週は「タイマッサージ」を習いに、3日間のスクール通い。
空港閉鎖やデモ隊、軍の動向と気になるところですが、
チェンマイは今のところ、平穏です。


▽在チェンマイ日本国総領事館
http://www.chiangmai.th.emb-japan.go.jp/

====================================================
下記をクリックして頂けると、励みになります!!(*^。^*)
====================================================

★★タイブログランキング★★
タイ・ブログランキング



★★にほんブログ村★★

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

====================================================

« どうなることやら… | トップページ | 鼻かぜ »

タイ生活~困りごと」カテゴリの記事

コメント

村井様

猫旅管理人のnyanyaです。
いつも貴重な情報、ありがとうございます。

シニアオープン最終日の昨日は、ゴルフ場入り口に赤色支持者の軍団が何人かいて、大声を張り上げていたようです。タクシン元首相の地盤だけあって、赤色指示者が多いチェンマイですが、できれば私達夫婦は、赤色でもなく、黄色でもなく、平和なタイを願うという白シャツ派でしばらく行こうかと思います。

またぜひ、コメントの方、よろしくお願いいたします。

>敷地内にはタクシン元首相の別荘もあるためか、入り口には20人もの警察官がいて・・・・・・

バンコクの国際空港が占拠されていると言うのに、チェンマイに滞在し続けるソムチャイ首相ですが、どうも、暗殺を恐れて、グリーンバレーゴルフ場内にあるタクシンの別荘に篭っているという情報があります。
そこで、香港に居るタクシンから連日指示を受けているようだと。

27日に、両空港に非常事態宣言を出して、反政府連合を強制排除しようとしましたが、軍部も警察も、ソムチャイの指示を無視して、全く動いていません。

ソムチャイは、12月3日のタイ憲法裁判所の判決でクビになるので、警察も、死に体化したソムチャイ政権の言うことなど聞く耳は持たないようです。

タクシンとその残党をタイから追放しようと言う今回の反政府運動ですが、もう少しで勝利しそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« どうなることやら… | トップページ | 鼻かぜ »