無料ブログはココログ

« 暑いです。。。 | トップページ | 声調の罠、思い込みの罠 »

2009年2月10日 (火)

日本語の方が難しいですね

こんにちは。猫旅管理人のnyanyaです。

いつも「ラオ・カーオ」を買う近所の雑貨屋さん。
タイ人の老夫婦が経営していて、飼っているシーズーの
名前が「あのね」。どうやら奥様が、日本語勉強中(?)。
数字はばっちり、日本語で数えることができます。

昨日もいつものように「ラオ・カーオ」を購入したところ、
奥さんが、「ラオ・カーオ」は日本語で何と言うのかと
尋ねてきました。原料はタイ米、で、蒸留酒。
「泡盛」の原型とも言われているので、
実際「ラオ・カーオ」は、日本語というより、
日本でいうと、「米焼酎」にあたります。

あまり考えずに、「こめじょうちゅう」と答えました。
「カーオ」が「おこめ」という意味だと思っていたため、
「カーオ」が「おこめ」、「ラオ」が「しょうちゅう」だと
説明してから、日本語ってものすごく難しいなと、痛感。

考えてみれば、「カーオ=こめ」とは限らない。
食堂に行けば、「カーオ=ごはん」となるし、
「ラオ=しょうちゅう」って訳でもなし。
このままの状態で雑貨屋の奥さんが日本に来ると、
食堂で「ご飯ください」が「お米ください」になっちゃうかも。

ちなみに「ラオ・カーオ」の「カーオ」は、
お米という意味だと思っていたところ、
実は「白い」という意味の方の「カーオ」。
直訳すると「白い酒」という意味。
語彙が少ないタイ語は、単語と単語の組み合わせで
できている言葉がたくさんあります。

王室で使う言葉や、仏法用語は難しいのですが、
ふだん使う言葉は、「硬い(ケング)・水(ナム)」で
「氷(ナム・ケング)」とか、
「炒める(パッ)・ご飯(カーオ)」で、
「炒飯(カーオ・パッ)」とか。

「氷(ナム・ケング)」という単語をひとつ覚えると、
「水(ナム)」という単語はもちろんのこと、
マッサージ屋さんに行って、肩を指差して
「ケング・ケング」と言えば、肩が凝っていることを
アピールできたりします。タイ語の単語を覚えいくのは、
意外にも簡単だったりして。でも声調は難しいですが…。

日本語はその逆に、語彙が多すぎますね。
ところで最近覚えたタイ語に、「パーク・ワーン」というのが
あります。直訳すると、「甘い口」。

ゴルフ場のキャディさんは、身の上話が大好き。
必ず年を聞いてきては、嘘か誠か
若く見えると言ってきます。
そういう時につかさず、「甘い口」だねと言うと、
ニヤリと笑い返してきます。
「パーク(口)・ワーン(甘い)」って、
いわゆる、「口がうまい、お世辞」という意味です

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★プログランキングに参加中。ぽちっ! お願いしま~す。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

クリックしてね♪
↓↓↓↓↓↓↓
タイ・ブログランキング


こちらもヨロシク♪
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

« 暑いです。。。 | トップページ | 声調の罠、思い込みの罠 »

タイ語」カテゴリの記事

コメント

トントン様

はじめまして。猫旅管理人のnyanyaです。
コメントありがとうございます!!

「白」と「米」。
トントンさんに指摘されるまでまったく気付きませんでした。
たしかに、「スラーカーウ」の「カーウ」は、
「白」の方の「カーウ」。
あわてて記事を訂正させていただきました。

これからもよろしくお願いいたします~

   こんにちは。はじめまして 小生 チェンマイ在住3年目の中年ロングステイヤーです。いつも楽しく拝見しています。特に酒の話題は、私も酒好きなので 興味深いです。
   ラオ カーオもこのブログで知り、最近は こればかり飲んでます。おいしいですね。
  さて、タイ語は私も勉強中で ちょっと気になったので投稿します。お互いにタイ語勉強中ということで 情報交換だということで読んでください。ラオカーオのラオは酒ですが カーオは発音が似ていますが、白い という方の単語だと思います。つまり白い酒 濁酒 どぶろくの意味だと思います。ただ米焼酎という訳は正しいですね。このブログでの紹介の赤いラベルのラオカーオにはラベルにスラーカーオと書いてありスラーは酒 カーオは白い方の単語です。
   すいません偉そうに書いてしまいました。間違ってたらごめんなさい。次はここで紹介していたサトーを飲もうと思っています。
それでは。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑いです。。。 | トップページ | 声調の罠、思い込みの罠 »