« 入院中の娯楽について♪ | トップページ | 利用付帯の海外旅行保険、利用するのは結構たいへん♪ »

2011年2月 2日 (水)

海外旅行保険と医療保険(生保)について

こんにちは~ヽ(´▽`)/
チェンマイ暮らし満喫中の猫旅nyanyacatです。
とは言っても、主人が退院してからというのも、
自宅から一歩も外に出ていないという、
完全引き篭もり状態ですが、、、coldsweats01

ところで、海外旅行保険のことについて
質問コメントがありましたので、今回私達が経験した、
海外で網膜剥離をおこして、手術・入院をした場合の
体験談をもとに、質問にお答えしようと思います。

海外旅行保険は、私達の場合は、クレジットカードに付いている
日本を出国すると同時に3ヶ月の間自動的に適用される保険を
普段は利用しています。(クレジットカード自動付帯の海外旅行保険)
また、主人が持っているカード1枚で同行する家族も保障され、
年会費が1万円強と有料ではあるもののゴールドカードということもあり、
何があっても大丈夫、てな位に、補償額も高く設定されています。

ただし私達のように、3ヶ月以上海外に滞在する場合は、
これだけでは保険期間が足りません。
そこで、クレジットカードに付いている海外旅行保険で、
利用付帯というものがあります。これは、日本出国と同時に
適用される自動付帯の海外旅行保険とは違って、
公共の乗り物料金をカード決済すると、その日から3ヶ月間
適用されるというものです。自動付帯、利用付帯と、
2種類のクレジットカードを利用する事で、最長で6ヶ月間、
クレジットカードに付いている海外旅行保険の利用が可能となります。

私達は昨年、海外旅行保険が利用付帯されている
S社のカードを申し込むことにしました。こちらのカード、
普通カードとゴールドカードの2種類があり、
海外旅行保険の保障内容に微妙な違いがあります。
まずゴールドカードの方であれば、医療費の高い海外でも
何があっても大丈夫、という位の手厚い保障内容なのですが、
普通カードの方では、長期滞在中一番気がかりな、
疾病治療費用(いわゆる病気の時)が含まれていません。

もちろん私達は、S社のゴールドカードを申し込んだのですが、
現役離れて年金生活をおくっている我が家では、
普通カードしか作ることができませんでした。
そこで今回の5ヶ月間のチェンマイ滞在で練った保険作戦は、

1.日本で転出届を提出し、国民保険を脱退する
2.はじめの3ヶ月間はM社のカード自動付帯の海外旅行保険をつかう
3.残りの2ヶ月間はS社のカード利用付帯の海外旅行保険をつかう
4.S社の普通カードで保障されない分を、J社の海外旅行保険に加入する

という事で、保険会社のJ社に、S社のカードでは保障されない
傷害・疾病治療費用(一案件につき最高800万円まで)と
個人賠償責任(最高1億円まで)だけを5ヶ月間分、
加入してきました。こういった、クレジットカードの海外旅行保険に
上乗せする形で加入できる保険は、死亡保障等がつかない分、
掛け金が安くおさまり、ちょうど、国保を脱退している分の
保険料と同額の、夫婦二人で約5万円という金額でおさまりました。

J社の保険の一番のメリットは、私達が今回入院したチェンマイR病院と、
キャッシュレスの提携をしていること。
実際M社のカード自動付帯の保険を利用できる期間内だったのですが、
手続きが簡単なので、あえてJ社の保険を今回は利用しました。
そのため退院時に支払ったお金はといえば、
ほとんど毎日お寿司を食べて、病室の電話も毎日利用したのにも関わらず、
61バーツ(≒161円)だけ。ちなみにこの金額は、冷蔵庫に入っている
ジュース2本、ミネラルウォーター1本分の代金で、
あらかじめ瓶に入っている水2本以外は有料だと聞かされていたので、
想定の範囲内でした。

で、気になる今回の網膜剥離の手術・入院にかった費用のトータルは、
約144,500バーツ(≒381,480円)。

他には、傷害・疾病治療費用として、身の回り品の購入費が
日本円で上限5万円まで支給されます。
室内履きと下着を数枚、センタンで購入したので、
帰国後に保険会社の方に請求するつもりでいます。
また、通院にかかる交通費も、タクシーやソンテウを利用した
日付と料金をメモしたものを提出すると、立替分を支払ってくれるそうです。

海外旅行保険とは別に、日本では任意の医療保険に加入している私達。
よくテレビで宣伝しているタイプの保険ですが
(猫とアヒル、とか、やさしくそなえる、とか、共に助ける、とか)、
当然のことながら、日本で手術・入院した時と同じ額が、
海外の病院でかかったとしても、契約内容にともなって、
手術給付金と入院給付金が支給されるようになっています。

たとえば入院1日目から日額5,000円支給とか、
入院の有無にかかわらず所定の手術を受けたら10万円支給とか、
もちろん契約している保障内容によって様々ですが、
ウチの主人は3社に加入していて、そのうち2社から手術給付金が、
3社から入院給付金が支給されることになっていて、
合計で約20万円強の保険が支給されることになります。
ただ結果的に、日本で加入している任意の医療保険だけでは、
今回網膜剥離にかかった手術と入院費用はカバーできませんでした。

また、タイは比較的医療費が安いと聞きますが、
アメリカやオーストラリアなど、日本よりも医療費の高い国で
手術・入院となった場合は、任意の医療保険だけでは
カバーできないと思います。

他には、健康保険(国保とか)で、一旦費用を立て替えて、
帰国後に申請して一部負担金を払い戻してもらえる「海外療養費」という
制度もあります。ただしこれでは全額戻らないという点と、
日本での治療費が基準となるので、もし日本でかかる治療費以上に
請求された場合などは、その分も余計に負担しなくてはいけません。

クレジットカードに付帯している海外旅行保険の保障内容と、
医療保険(生保)の保障内容、「海外療養費」制度を検討して、
不足している保障を上乗せで加入できる海外旅行保険でカバーする、
という今回の海外旅行保険の加入の仕方は、
今となっては良い選択だったかなぁと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓ブログランキングに参加中~happy01
↓ぽちっ!と応援、よろしく お願 いしま~す(人><。)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  タイ・
ブログランキング

  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロ
ングステイへ   にほんブログ村 
ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

|

« 入院中の娯楽について♪ | トップページ | 利用付帯の海外旅行保険、利用するのは結構たいへん♪ »

タイ生活~困りごと」カテゴリの記事

健康・元気生活」カテゴリの記事

コメント

コサージュさま

こんにちは。猫旅のnyanyaです。
コメントありがとうございます。

わざわざお礼をいただき、ありがとうございます。
こちらもお役にたてて、うれしい限りです!!

投稿: nyanya | 2011年3月 9日 (水) 08時07分

大変 詳しい情報をいただきまして ありがとうございます。

1ヶ月 チェンマイに滞在 帰国したばかりで お礼を申し上げるのが遅くなり 失礼ました。

ご主人様は ご回復された由 おめでとうございます。
私もチェンマイR病院に2/9いきました。
どこかでお会いしたかもしれませんね。

これからもブログ 楽しく拝見させていただきます。

投稿: コサージュ | 2011年3月 7日 (月) 15時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 入院中の娯楽について♪ | トップページ | 利用付帯の海外旅行保険、利用するのは結構たいへん♪ »