« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

今度は「黄斑円孔」という病気で今年2回目の眼の手術(2)

こんにちは。猫旅のnyanyaです。

予想だにしなかったタイの大洪水。
本来であれば、今日、バンコクに向かって成田から
旅立つ筈だったのですが、訳あって12月初旬に延期した私達。
予定通りに今日バンコクに向かった場合は、
果たしてどうなっていたのかしらと思いながらテレビを見ていたところ、
肩透かしな報道が。。。(・_・)エッ....?

バンコクでは膝下までの冠水はよくある事で、
今回は膝上まで水がきたためニュースになっているけれども、
バンコクに住んでいるタイ人は、ある意味慣れているようですよ~

タイに工場を持つ日系企業は大打撃、
バンコク在住の日本人も続々と一時帰国、
今後の感染症の発生が懸念される上に、
海老やクリスマスのローストチキンと、日本の食卓にも影響が!!

なぁ~んて日本では連日大騒ぎでタイの洪水を
取り上げているのにも関わらず、結局パニックになっているのは
日本人だけなのかしら、、、タイ人って懐深すぎだわ(^-^;

そんな訳で、今回のタイの洪水のニュースを見て、
日本人とタイ人の国民性の違いを目の当たりにしている私達。
心配性の日本人、マイペンライなタイ人と、真逆の性質を
持つタイと日本の両方の国で、奇しくも繊細な技術が
必要とされる眼の手術を行ったウチの主人に、
両方の違いをあげてもらったところ、、、

○タイ(チェンマイR病院)
病名:網膜はく離
処置:全身麻酔による硝子体の除去とバックリング及びレーザー手術
入院:10日間

○日本(南茨城にある総合病院)
病名:黄斑前膜による黄斑円孔
処置:局所麻酔による硝子体(房水)の除去と黄斑(網膜中心部)にできた前膜の除去
入院:8日間

<比較1>病室の設備
タイ:広い完全個室(約30㎡)でバストイレ、冷蔵庫、レンジ、付き添いベットなど完備
日本:4人部屋でカーテンの間仕切り(10㎡)、小型冷蔵庫、小型テレビ付き、部屋にトイレがないのが大変だった

<比較2>看護士
タイ:ピチピチの若い美人多し
日本:おばさん多し

<比較3>医療機器
今回手術を行った日本の病院は、網膜の断層撮影ができる機器があり、
医師が簡単に状況把握ができた。その他、すべてについて機器が新しい。
チェンマイR病院は、瞳孔を開いて医師が直接見るため、今思うと、
眼の不調を感じ最初に診察を受けた時に、当初は加齢による
飛蚊症だと診断されてしまったが、日本であれば、もっと早くに、
網膜はく離を発見できていたかもしれない。

<比較4>医療技術
今回手術を行った日本の病院の医師が、網膜はく離の手術は
完璧に行われていたというように、医療技術は遜色なし。

<比較5>食事
チェンマイR病院では、すべての食事を外部からの出前でまかなう為、
日、欧、タイの3種類のメニューが用意され、
好きなものを食べることができる。(カロリー無制限)
日本の病院では、すべて給食となり、一日あたり800円弱の
予算でまかなわれる。カロリー計算も厳格に行われ、
値段の割りにおいしいが、いわゆる病院食臭がする。

<比較6>費用
入院・手術の実費は、タイは、日本の1/2程度。
ただしタイでは、海外旅行保険が適用されたため、
自分達が負担した費用は、ゼロ。
対して日本では、自分達が負担した費用は、
高額療養費の制度(限度額認定適用証の提示)の利用で、
約7万円でした。

<総評>
ホスピタリティについては、個室が利用できたり、
看護士さんのいきの良さ(?)を思うと、
タイの方が上かもしれません。医療技術も、問題なし。

ただ、網膜の断層撮影ができる機器があったおかげで、
今回の黄斑円孔についても早期に発見できたり、
手術の際、穴を塞ぐために使うガスがタイよりも日本のものの方が
新しかったおかげで、術後のうつ伏せ期間も短く済んだというのを考えると、
最新鋭の医療設備の違いで、日本の病院に軍配があがったかな。。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓ブログランキングが下降中ですcrying
↓ぽちっ!と応援、よろしく お願 いしま~す(人><。)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  タイ・
ブログランキング

  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロ
ングステイへ   にほんブログ村 
ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

今から出来る老後の準備。資料請求と施設見学はこちらから↓

| | コメント (4)

2011年10月24日 (月)

不測の事態でダブルパンチ(。>0<。)

こんにちは。猫旅のnyanyacatです。

まさかまさかのバンコクの大洪水で、
驚きを隠せない私達Σ( ̄ロ ̄lll)。というのも、
航空会社からいよいよ、バンコク発着便の
旅程変更規程免除が発表されてしまいました。

つまりは、悪天候などにより大規模なイレギュラー運転が
予測される事態になった場合は、手数料なしで、
旅程の延期や、航空会社によっては旅程キャンセルによる
払い戻しが可能になったという訳で、
それほどにバンコクの洪水が、旅行者にも影響が
出てきたということでしょう。

それにしても、私達としては、非常に複雑な心境です。。。(u_u。)

だって当初の予定では、10月31日にバンコクに向かって、
その翌日にはチェンマイに戻る筈、、、だったのですが、
主人の今年2回目の眼の手術によりつい先日、
チェンマイ行きの延期を決断し、成田→バンコクの
航空チケットを4,000バーツ、夫婦二人で8,000バーツかけて
変更したばかり、だったんですものぉ~sad

眼の手術も想定外なら、バンコクの洪水もこれまた想定外。
今日の航空会社(JAL、ANA、タイ航空、UA)の
ホームページを見る限りでは、10月31日までのチケットについて、
手数料なしで変更、もしくはキャンセルを受け付けるとの
案内が出ています。

気持ち的には、不測の事態2連発Σ(゚□゚(゚□゚*)、
といった心境。さらに今年だけで言えば、
網膜剥離、震災と、不測の事態続き、
といった感もありますが、とりあえず今の予定では、
12月初旬にバンコクに1泊してからチェンマイに戻る私達。

そんな私達の今一番の心配事と言えば、12月初旬に
予約したスワンナプーム空港のトランジットホテルから、
未だに予約受付のメールが来ていないということです。。。shock

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓ブログランキングが下降中ですcrying
↓ぽちっ!と応援、よろしく お願 いしま~す(人><。)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  タイ・
ブログランキング

  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロ
ングステイへ   にほんブログ村 
ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

今から出来る老後の準備。資料請求と施設見学はこちらから↓

| | コメント (0)

2011年10月22日 (土)

今度は「黄斑円孔」という病気で今年2回目の眼の手術(1)

こんにちは。猫旅のnyanyacatです。

タイの洪水被害が、深刻なものになってきました。
何か手だてはないものかしらと思いつつも、
見守るだけの私達ですが、さすがに船のスクリューで水を
掻きだすという作戦は、あまりにもお粗末という気が、、、coldsweats02

おまけに何匹逃げたかわからないワニ。しかも逃亡したワニの
捕獲で1,000バーツの懸賞金って、驚きをこえて、ショックΣ( ̄ロ ̄lll)

ショックと言えば、ウチの主人が、今年2回目の眼の手術をしました。
ちなみに今年1回目の眼の手術は1月の「網膜剥離」によるもので、
飛蚊症がひどくなったという事でチェンマイR病院に診察を受けた
その日に、このままでは失明の恐れがあると緊急手術を行い、
その後10日間の入院。退院後も治療のために1ヶ月近く
うつ伏せの生活を続け、手術の2ヵ月後には視力も元に戻り、
3月にはゴルフが出来るまでに回復しました。(/ ^^)/アリガトネ

その後震災の影響で3週間帰国を延期し、4月に帰国。
5月には、近所の病院で術後の経過を確認するも、
手術の技術もしっかりしていて、経過も順調というお墨付きを
日本のお医者さんからもらい
(決してタイの医療技術を疑っている訳ではありませんが、、、sweat01
一安心していました。

そして先月の帰国後すぐに、エクセルの表が歪んで見えると
言い出した主人eye。どうやら9月に入った頃から、
網膜剥離の手術をした右目の調子が悪くなり出していたようで、
すぐに近所の病院で診察を受けたところ、
今度は「黄斑円孔」という診断結果が!!Σ(゚□゚(゚□゚*)

という事で、まずは「黄斑円孔」とはどんな病気かというと、
網膜の中心部に、色やものを識別するための黄斑という
組織があり、この部分に穴が開いてしまったのが、
「黄斑円孔」。

これは網膜剥離などの手術のあと、何らかの原因で
黄斑に膜が張る(黄斑前膜)事があり、
この膜が黄斑表面を引っ張って、その結果、
黄斑に穴を開けてしまうそうで、放っておくと、
視力が低下し、元に戻らなくなるそうです。

網膜剥離の患者の約5%が発症するということで、
ウチの主人は、運悪くその5%に該当したようですbearing

今年に入って、まさかの2回目の眼の手術、
そして入院も必要だと宣告されてしまい、
驚きよりもショックの方が大きかったのは、
私よりも勿論ウチの主人。

前回の手術で一番つらかったのが、術後の治療のために
1ヶ月近くも強いられたうつ伏せ生活。これを再びとは、
当人ではないにしろ、あまりにも気の毒すぎますよぉ~(。>0<。)

とっ、ところが、手術の内容としては、前回の「網膜剥離」、
今回の「黄斑円孔」とも、ほぼ同じものであるにも関わらず、
手術の時間は1時間にも満たない上に、麻酔も局所麻酔だけ。
入院期間は1週間で、そのうちうつ伏せ期間は約3日と、
チェンマイで行った眼の手術の時とは雲泥の差の楽チンぶりに、
なんだか納得のいかない私達sign02

どうしてこんなに違うのかしらと尋ねてみると、
どうやら、眼の手術時に、開いてしまった穴を塞ぐために
使用するガスの違いによるものではないかという事で、
チェンマイで使用したものは、いわゆる旧式(?)だったのでは
ないかという主治医の推測に、またもや驚愕した私達。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

あのつらかった1ヶ月余りのうつ伏せ生活は何だったのぉ(ノ∀`) アチャー。

あらためて主人に、もしまた眼の手術をやることになったら、
タイと日本、どっちが良いって質問してみました。
「もちろん日本」、と答えた主人ですが、まぁ、
前回の「網膜剥離」の際は、帰国する間もない位に
切羽詰った状態だったので、それはそれ、
と割り切るしかありませんが、眼の手術をタイと日本、
両方で行ったウチの主人の希有な経験に基づき、
次回は、タイと日本の眼の手術比べ、
なるものを記事にしたいと思います。

「今度は「黄斑円孔」という病気で今年2回目の眼の手術(2)」に続く…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓ブログランキングが下降中ですcrying
↓ぽちっ!と応援、よろしく お願 いしま~す(人><。)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  タイ・
ブログランキング

  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロ
ングステイへ   にほんブログ村 
ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

今から出来る老後の準備。資料請求と施設見学はこちらから↓

| | コメント (0)

2011年10月15日 (土)

チェンマイ⇔成田間☆航空チケット節約術(5)♪

こんにちは。猫旅のnyanyacatです。

日本でも、タイの洪水のニュースが連日報道されるようになりました。
今朝のニュースでは、バンコク駐在の日本人奥様が、
ご主人を残して子供と一緒に一時日本に退避するというのを
やっていました。報道によると、バンコクは今月いっぱい、
予断を許さない状況のようです。
仕事でない限り、当分の間はバンコクには行きたくないなぁ
というのが、正直なところです。

思い起こせば、2007年からこの5年間というもの、
日本とタイを往復するにあたっては、
政変がらみで旅程を変更したい時が幾度かありました。
また、今年の3月にいたっては、日本の震災で、
実際帰国を1ヶ月延ばした事もあります。

この時は、チェンマイ→バンコクのタイ航空のチケットはANA、
バンコク→成田のチケットはJALと、両方とも特典航空券だったため、
旅程の変更に関しては無料でした。
政変や大震災と言った一大事の時は、航空会社としても無料で
旅程を変更したり、キャンセルによる払い戻しを受け付けるようですが、
今回のタイの洪水に関しては、まだそこまでは到ってないようです。

とは言うものの、節約の為に早めに購入した安いチケットの
デメリットと言えば、旅程の変更やキャンセルによる払い戻しを
受け付けてくれない、とか、変更に関しては手数料が必要とか、
旅程の変更に関しての制約が厳しいことです。

今のところ我が家では、チェンマイ⇔バンコク間はバンコクエアウェイズ、
バンコク⇔成田間はユナイテッド航空の、ともに正規割引航空運賃の
最安値と思われるチケットをインターネットで購入する事によって
チケット代を節約しようという事になったのですが、
次回のチェンマイ行きは、10月の末。

その際、バンコクのスワンナプーム空港周辺のトランジットホテルに
一泊する必要があるのですが、9月の中旬に帰国した際に泊まった
トランジットホテルの周辺は、既にその時に道路が冠水していました。
って事は、今月末とは言え、ホテルの周辺は、先月以上に
水浸しの筈…bearing

とっ、ところが、洪水に関する余計な心配をしなくても良い、
不測の事態が我が家に発生しました。な、なんと、ウチの主人が、
今年2回目の目の病気で、手術と1週間の入院をしたんです~Σ( ̄ロ ̄lll)
ちなみに今年1回目と言えば、1月の網膜剥離。
チェンマイのR病院で、失明の恐れがあるという事で、
緊急手術、そして10日間の入院。

そして今年2回目となった目の病気は、黄斑円孔。
奇しくも網膜剥離と同じ右目で、9月27日~10月4日まで入院、
手術は9月28日、そして今では視力も回復し、
普通の生活を送っています。

ただ目の手術後は、高い場所や飛行機といった
気圧の高い場所は厳禁。という事で、今月末に予定していた
チェンマイ行きを、主治医のすすめもあって、
1ヶ月半ほど延ばすことになりましたdespair

早速主人が退院した翌日の10月5日に、
10月末に予定していたバンコク行き航空チケットの日程変更に
取りかかりました。ちなみに今年の3月の経験から、
バンコク→チェンマイの国内線のチケットは、
直前まで買うのを控えることにしていたので、
今回変更するのは、10月31日に予約してある、
ユナイテッド航空の成田→バンコクの復路の分です。

ちなみにこのチケットは、今年の3月に17,050バーツ(=46,691円)で
購入しました。旅程の変更をするために、ユナイテッド航空の
予約センターに電話をしたところ、バンコクで購入したチケットの場合は、
変更手数料はバーツ建てで一回につき一律4,000バーツとの事。
支払い方法は、3月にチケットを購入した時に使ったクレジットカードから
引き落とされるそうです。

また、バーツ→円への換算率は、ユナイテッド航空が毎週月曜日に
決めるレートで一週間、計算されるそうで、
ちなみに変更を依頼した週のレートは、1バーツ=2.55円、でした。

という事は、変更手数料が10,200円、あぁ~、
結局57,000円のチケットになったかぁ、、、
それでも日本に3ヶ月近く滞在できるチケットとすると安いほうだろうと、
事前に空席が多いのを確認していた12月15日に
日程変更を依頼したところ、ここに重大な、最安値チケットの落とし穴が。。。

同じエコノミーのチケットでも、私達は早い時期に安い価格で
購入したために、ブッキングクラス(予約クラス)による航空券の規則が
厳しいようで、インターネットで空席確認をする限りは座席は
ガラガラなのにも関わらず、私達が購入したチケットで変更できる日程は、
12月中の場合は、12月上旬にわずか1日分だけを
残すのみとなっていました。

確かに、ユナイテッド航空のバンコク⇔成田の最安値チケットであれば、
4,000バーツの手数料がかかったとしても、他の日付に自由に変更できると
なると、かなり使い勝手がいいなぁと思っていたのですが、
購入した時点での価格が安かった分、日程変更が出来る座席の
枠が少ないのだと、今更ながら痛感させられました。

とりあえず、10月末から12月上旬へと、旅程変更は無事に
済ませることができたものの、私達が購入したチケットの
ブッキングクラス(予約クラス)では、キャンセル待ちも出来ないそうなので、
下手をしたら、チェンマイに行く予定を大幅に変更せざるをえない
状況になっていたかもしれません。

航空チケットの節約は、サンデー毎日の私達にとっては、
運賃の安い時期を狙ってチケットを購入できるとはいえ、
年齢的にも体の不調が突然出てきたり、親戚・友人の不幸等
何があってもおかしくないという年代でもあるので、
不測の事態の時に係る費用の試算や、変更できる条件等を
細かく確認しておかなくてはいけないなぁと、
あらためて認識させられました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓ブログランキングが下降中ですcrying
↓ぽちっ!と応援、よろしく お願 いしま~す(人><。)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  タイ・
ブログランキング

  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロ
ングステイへ   にほんブログ村 
ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

今から出来る老後の準備。資料請求と施設見学はこちらから↓

| | コメント (0)

2011年10月11日 (火)

チェンマイ⇔成田間☆航空チケット節約術(4)♪

こんにちは~♪猫旅のnyanyacatです。
北海道から、秋mapleの味覚が届きました。
脂ののった秋鮭といくらの醤油漬けです。
炊きたてご飯の上にのせて、贅沢な親子丼の完成。

028

持つべきものは、北海道に住む親戚ですねbleah

そして、タイから届いた便りと言えば、
「過去50年で最悪の洪水」という驚きのニュースΣ( ̄ロ ̄lll)。
チェンマイの洪水被害は随分と落ち着いているようですが、
日系企業があつまる中部は、ひどい被害のようですねbearing

そんな中私の心配事と言うと、留守にしているコンドミニアム。
rainが多いようなので、室内でカビが大繁殖しているのでは?、
とか、室内の湿気が高くなるので、ダニとか蟻とか、
虫が大量発生していないかしら…とか、
鳥がベランダに巣を作って、糞だらけの所に雨が降り込んで、
ぐっちゃぐちゃになっていないかしら…なぁんて(。>0<。)。

チェンマイで部屋を借りっ放しにするというのは、
荷物を置いたままにしておけるとか、訪チェの度に部屋を探す等の
手間が省ける分、留守をしている間は、何かと心配がつきないものです。

このコンドミニアムの家賃など、何気に経費がかかるチェンマイロングスティ。
なんとか年金の範囲内で海外ロングスティを実現させたいと
航空運賃の節約にかける私達なんですが、そこで今回、
調べた中では一番最安値と思われるユナイテッド航空の
バンコク⇔成田間のチケットを、今年の3月にインターネットで購入しました。

実際に購入したチケットの搭乗日は、
往路のバンコク→成田が9月14日、復路の成田→バンコクが10月31日。
価格は、空港税・燃油サーチャージ込みで17,050バーツ(=46,691円)でした。

同じユナイテッド航空のホームページでも、日本のサイト、
本社米国のサイト、タイのサイトと、購入する国のサイトによって
価格が微妙に異なります。そのため、しつこいながらも、
嫌と言うほど検索を行った結果、タイのサイトで購入する
バンコク発日本行きのチケットが、1年FIXの正規割引航空運賃の中では、
最も安い価格だろうという事で落ち着きました。

通常航空運賃は、有効期限(滞在期間)が長くなるにつれ、高くなります。
インターネット上では、安い航空チケットが競うように発売されていますが、
有効期限(滞在期間)はせいぜい長くても1ヶ月と私達にとってみると、
短期の旅行者向き。また、タイ航空やANA等の航空会社が
発表している正規割引運賃も、有効期限(滞在期間)が
長くなるとその分チケットも高くなります。

ところがユナイテッド航空は、有効期限(滞在期間)による航空運賃に
差を設けていないため、場合によっては、1週間滞在するチケットも、
10ヶ月滞在できるチケットも、同じ値段だったり、もしくは
選択した日付によっては、むしろ安いという事もありますヽ(´▽`)/。

このユナイテッド航空のチケット、私達にとってみると、
お値段以上に価値あるチケットだったりしますgood
というのも、主人が現役時代に、
年に100回以上も飛行機airplaneに乗っていた際取得した、
ANAのスーパーフライヤーズ(shineスターアライアンスゴールドshine)の資格が、
ユナイテッド航空バンコク⇔成田間最安値と思われるチケットでも、
効力を発揮してくれたからです。

まず今回あらためて受けることが出来たサービスは、
ビジネスクラスのカウンターでの優先チェックイン、
無料でエコノミープラスにアップグレード、ラウンジの利用、
他の乗客より早く飛行機に乗り降りができ、
預かり荷物は一番最初に出てくる等、
47,000円を切るチケットなのに、、、いやはや恐縮の限り。。。(/ー\*)

また嬉しい事に、今年の4月からUAとANAとの連携が強化されたお陰で、
マイルも貯めやすくなった上に、今後厳しくなると思われる荷物の有料化も、
スターアライアンスゴールドメンバーであれば、ゆるゆるですscissors

チケット代の節約以上に価値があったユナイテッド航空、
その乗り心地と言えば、6時間弱の昼間のフライトで、
機内食ありでアルコールも無料となれば、
飲んで食べて一眠りしたらあっという間に成田に着いちゃった、、、sweat02
という感想しかなく、多少足元が広いというエコノミープラスも、
もともと背の低い私にとってみると、それほどメリットは感じませんでした。

ただ一つ問題があったと言えば、飛行機に乗りなれていると
思っていた私達、機内食の選択の際に、
CAの英語の発音があまりにもネイティブで聞き取れずearsweat01
聞き取れた方のメニューをお願いしたら、
もちろんの事ながら望んでいた方のメニューではなかったという、
唯一それだけが残念な結果となりました(u_u。)。

「チェンマイ⇔成田間、航空チケット節約術(5)」に続く…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓ブログランキングが下降中ですcrying
↓ぽちっ!と応援、よろしく お願 いしま~す(人><。)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  タイ・
ブログランキング

  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロ
ングステイへ   にほんブログ村 
ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

今から出来る老後の準備。資料請求と施設見学はこちらから↓

| | コメント (0)

2011年10月 8日 (土)

チェンマイ⇔成田間☆航空チケット節約術(3)♪

こんにちは~♪
ついこの間まで暑い暑いと嘆いていたのが嘘のような、
この秋一番の冷え込みの到来に、体ばかりか頭もついていけない、
猫旅のnyanyacatです。しかも北海道からは初雪snowの便りまで届き、
真夏から一気に季節は冬?な~んか、季節の移り変わりが、
異常に早すぎや~しませんかぁ。

ところで、またまた円高が進んでいますね。
今週、来年の3月⇔6月のバンコク・成田間の往復チケットを
ユナイテッド航空で購入しました。昨年の3月に購入した
9月⇔10月のチケットよりも1,460バーツ値上がりしているのにも
関わらず、円高が進んでいるおかげで、決済された円換算の
金額では、今回購入したチケットの方が若干ですが、
安い結果となりました。

来年のチケットを早目に購入して、チェンマイロングスティに
係る費用を節約している私達なんですが、このバンコク・成田間の
往復に利用しているユナイテッド航空の難点と言えば、
バンコクから成田に行く際は、出発が早朝、
成田からバンコクに行く際は、夜中到着となり、
往路復路ともバンコクで1泊する必要があります。

これが結構面倒かと思いきや、24時間眠らない
スワンナプーム空港の周辺には、1泊1,000バーツ前後で宿泊できる
トランジットホテルがたくさんあり、空港⇔ホテルの送迎も無料という
所がほとんどで、利用してみると、案外楽チンだったりします。

私達が9月に帰国する際、はじめて利用したトランジットホテルは、
Booking.comでは、スワンナプーム空港周辺のホテルの中で
レビュー評価No.1の「ライラックリラックスレジデンス」でした。

朝食なしで1泊1,390バーツと、トランジットホテルとしてはちょい高めの
値段設定なんですが、何せ1,000バーツ代のホテルに宿泊するのは
はじめてで、時間通りに迎えに来るのかどうかが一番不安だったため、
無難にもレビュー評価No.1のホテルを選択しました。

まず、Booking.comで予約する際に、英語にて飛行機の時間を
知らせると、ホテル側からあらためて個人のメールアドレスに、
迎えに来てくれる場所(Gate 2)を知らせてきます。

そこは、国内線到着ロビーの出口にあたるのですが、
バンコクエアウェイズの飛行機でスワンナプーム空港に到着し、
預かり荷物を受け取る際に、一つ目のハプニングが発生しました。
預かり荷物を流すベルトコンベア、スーツケースは出てくるものの、
ゴルフバックが一向に流れてきません。

え~、はじめて利用したバンコクエアウェイズでいきなりの
ロストバゲージかよ~coldsweats02、と思っていたら、
ゴルフバックのようなイレギュラーサイズの荷物は、
オーバーサイズという扱いで、受取り口が、
別に設けられたみたいなんです、、、やれやれdespair

荷物受取に手間取ったため、ホテルの迎えが帰ったりしないかしら~
という心配をしながら出口に出てみると、自分達の名前が
書かれたフリップを持ったホテルの女性スタッフが立っていました。
いやいや、一安心です。

それから、ホテルスタッフの誘導に従い、バンに乗って一路ホテルへ、
16時過ぎにチェックイン、そして翌日の出発が早いという事もあり、
同時に精算も済ませてしまいます。ただここで、次なるハプニングが。
今年の長雨の影響をバンコクも受けていて、運河近くに建つ
ホテルの前の道路が冠水!!これでは外出できないじゃ~んshock

チェックインを終えて、予約した部屋に入ってみると、
室内はレビューの評判どおりに、洒落た内装で、
掃除も隅々まで行き届いています。
嬉しいことに、ビールをはじめ冷蔵庫の中の飲み物は全てフリーで、
シャワーの湯加減も水量も充分。室内で無線LANも利用できる上に、
ドライヤーも完備と、何の問題もありません。

唯一の問題と言えば、ホテルの前が冠水しているため、
夕食を食べに出かけることが出来ないということ。
Booking.comのレビューによると、近くにあるショッピングセンターまで
無料で送迎してくれたと書かれていたため、フロントで尋ねてみると、
ホテルとの連絡用に携帯電話を貸してくれる上に、
車で10分ほどのショッピングセンターまで無料で送ってもらえました。

ショッピングセンター内のMKでタイ中華を食べ終えて、
ホテルのフロントの言いつけどおりに携帯で迎えに来てもらえる様
電話をしてみると、これまた次なるハプニングがbearing!!
送迎用の車が当分戻らないので、タクシーで帰って来いとの指示。
えっ~、Booking.comのレビューによると、ホテルの場所は
タクシーの運転手にはわかりにくいと書かれているのではありませんか。

しばらくホテルのフロントとやり取りした挙句、繋がっている携帯を
タクシーの運転手にそのまま渡してホテルの場所を説明してもらい、
結局無事に、タクシーでホテルに戻ることができました。ちなみに
バンコクのタクシーは安いですね、チップを渡して70バーツでした。

バンコクを出発する飛行機の時間は6時15分。
2時間前にはチェックインを済ませなくてはいけないので、
翌日のホテル出発時間は、早朝の3時50分。
モーニングコールを3時にお願いし、夜半に降った激しい雨rainの音が気になり、
半分寝ていないような状態のまま、出発の時間を迎えることになりました。

既にホテルの精算も済んでいるため、送迎用のバンに乗り込み、
4時には空港に到着し、チェックインも無事に済ませて、
あとは出発の時間までラウンジでゆっくりするだけです。

それから機内で短時間ながらも眠り、日本の自宅に到着したのは、
午後の3時半でした。トランジットホテルで、たとえぐっすりと眠りに
つけなかったとしても、ナイト便を利用して帰国した時の、
あの朦朧とした不快感がなく、とても体が楽だったのには、驚きました。
飛行機による夜間の移動というのは、相当応えるものですね。

「チェンマイ⇔成田間、航空チケット節約術(4)」に続く…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓ブログランキングが下降中ですcrying
↓ぽちっ!と応援、よろしく お願 いしま~す(人><。)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  タイ・
ブログランキング

  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロ
ングステイへ   にほんブログ村 
ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

今から出来る老後の準備。資料請求と施設見学はこちらから↓

| | コメント (0)

2011年10月 1日 (土)

チェンマイ⇔成田間☆航空チケット節約術(2)♪

こんにちは~♪猫旅のnyanyacatです。

窓を開けていると、鼻をくすぐる甘い香り。
そう、マンションの敷地内に植えてある金木犀が、
もうすぐ開花を迎えているようですヽ(´▽`)/。

ところで、日本とチェンマイ、行ったり来たりの海外ロングスティで、
我が家の重要課題のひとつに、航空運賃の節約があります。
主人が現役時代に貯めたマイルも底をつき、
今年の6月の渡航を機に、チェンマイ⇔成田の航空運賃はタダ、
という訳にはいかなくなった我が家です。

そこで今回、ユナイテッド航空のバンコク発成田行きの
往復チケット(1年FIX、予約変更は1回につき4,000バーツ)を購入。
日本に行く時はバンコクを早朝出発、
日本から来る時はバンコクに夜中到着、
ということで、スワンナプーム空港のトランジットホテルに、
行きも帰りも宿泊しなくてはならないのがネックだったりします。

そのかわり、チェンマイ⇔バンコク間の移動手段は、
預かり荷物がスルーにならない分、逆に選び放題、だったりするのですが、
もちろんバスや電車、という選択もありますが、
無難に飛行機を選んだ場合は、チェンマイ⇔スワンナプーム空港間を
飛ぶ3路線、タイ航空、バンコクエアウェイズ、エアアジアのいずれか、
という事になるでしょうか。

乗りなれたタイ航空、過去に苦い思い出があるエアアジア、
謎のバンコクエアウェイズ。節約という点ではエアアジアなんですが、
搭乗する日は9月13日、チケットを購入しようとしたのが8月上旬。
価格をネットで検索してみると、時既に遅し、
エアアジアのプロモーションチケットは皆無で、購入できるのは
通常価格のみ、むしろバンコクエアウェイズのチケットの方が
安いではありませんか。

というのも、9月末まで限定のお得なWEBプロモーションがあり、
チェンマイ→バンコクの運賃が、TAX込みで1,770バーツ(=4,687円)。
8月上旬の時点では、エアアジアが正規運賃で1,950バーツ、
タイ航空が2,450バーツという中、これは安いんじゃないの、、、と。

ただ、飛行機に限っては、安いというのも不安になったりして。
で、よくよく調べてみると、変更・キャンセルは不可
(これはタイ航空、エアアジアとも同じ)、
軽食と飲み物付、預かり荷物は15kgまでフリー、
しかもゴルフバックもフリーと、
なんだかんだとお金のかかるエアアジアとは違って、
タイ航空とほぼ同等の内容。
ただ一つ気がかりなのは、スターアライアンス
ゴールドメンバーという事で、タイ航空であれば
ラウンジが利用できるのですが、、、

いずれにせよ、まずは節約重視、
乗ったことのない、評判も聞かない謎のバンコクエアウェイズで、
よっしゃバンコクまで行ってやろうじゃないか~、という事になりました。

搭乗した便は、チェンマイ14時10分発 
バンコク15時30分着のPG218便。
昼の12時にコンドミニアムをタクシーで出発し、
空港に到着したのは12時20分頃。
お昼ごはんは空港で食べるつもりでいた私達。
早目に着いたせいか、バンコクエアウェイズのカウンターは、
行列もなくすぐにチェックインでき、その際、
「ラウンジが使えますよ」とカウンターの女性に言われました。

およ、確かにバンコクエアウェイズと言えば、
エコノミークラスの乗客でも利用できる
ラウンジが、スワンナプーム空港にあるというのは
ネットで確認済みだったものの、
まさかチェンマイにも出来たていたなんて(v^ー゜)!!。

これは朗報とばかりに勇んでラウンジに直行run
タイ航空のラウンジとは若干(?)見劣りするもののsweat02
軽食に飲み物と、5,000円もしないチケットとは思えないような歓待ぶりに、
一気にバンコクエアウェイズファンになってしまった私達は、
空腹も一気に満たされ大満足。

025

024

機内もいたって普通で、欧米人とタイ人で何気に満席状態。
しかも飲み物と軽食(サンドイッチ)のサービスもありで、
私達としては非常に得した気分でのバンコク到着となり、
主人にいたっては、乗るならバンコクエアウェズだね、な~んて言う始末。

026

さぁ、次は、到着ロビーにトランジットホテルからの迎えが来ているかどうか。

「チェンマイ⇔成田間、航空チケット節約術(3)」に続く…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓ブログランキングが下降中ですcrying
↓ぽちっ!と応援、よろしく お願 いしま~す(人><。)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  タイ・
ブログランキング

  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロ
ングステイへ   にほんブログ村 
ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

今から出来る老後の準備。資料請求と施設見学はこちらから↓

| | コメント (2)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »